長町武家屋敷跡から兼六園への行き方

長町武家屋敷跡~兼六園

観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ

兼六園への行き方#6

距離=約800m/徒歩時間=約10分
※バスよりも歩く方が早いです

金沢旅行での観光ガイドを承ります

繁華街を挟んでご近所さん

<香林坊ルート>
長町武家屋敷跡(せせらぎ通り)

お立ち寄りスポット
せせらぎ通り香林坊石川四高記念文化交流館アメリカ楓通りしいのき迎賓館金沢能楽美術館金沢21世紀美術館

兼六園(真弓坂口)


兼六園と長町武家屋敷跡は隣町と言っても良いほどの近さで、金沢の人で長町から兼六園へ行くのにバスに乗る人はいません(笑)。

グーグルマップで距離を測ってみると、ひがし茶屋街から兼六園へ行くのとそれほど変わらない距離なのですが、金沢の人たちにとって兼六園と長町は、金沢で一番の繁華街・香林坊を挟んで同じエリアという認識です。

長町の大野庄用水には、長町一の橋から長町八の橋までナンバーの付いた橋が架かっています。兼六園へ向かわれる際は「二の橋」か「三の橋」から鞍月用水沿いの「せせらぎ通り」に出ると便利です。

長町二の橋から長町武家屋敷通りへ

ちなみに、マスメディアや観光ガイドでよく紹介される土塀の続く街並みは、長町二の橋を入ったところになります。また、ミシュランの二つ星を獲得したことのある武家屋敷跡 野村家は長町三の橋の袂に位置しています。

長町三の橋と武家屋敷跡 野村家

長町から兼六園へと向かう際に必ず歩くことになる「せせらぎ通り」は、道路と店舗との間に鞍月用水が流れる飲食店街です。架け橋を渡って飲食店やブティックへと入って行くシチュエーションには欧風の香りを感じます。

せせらぎ通りに出ましたら、右手に行ってください。

せせらぎ通り。写真の方向が兼六園方面

Scene 1
せせらぎ通り-鞍月用水沿いの欧風の街並み


お洒落な商店街のせせらぎ通りから坂道を上ると百万石通りに出ます。

どの坂道からでも百万石通りに出ますが、兼六園へ行かれる場合は、せせらぎ通りを右手に行き、東急スクエアの手前の坂道を上り、金沢東急ホテルと日本銀行金沢支店の間から百万石通りに出るのがベターです。

百万石通りを右手に行くと香林坊交差点で、T字路を左手に入ると兼六園の真弓坂口のある広坂交差点まで、約500mの緑の並木道が続きます。

写真の坂道を上ると百万石通りに出ます
香林坊交差点。写真の方向が兼六園です

兼六園が3分でわかる画像集

観光エリアは皇居ほどの広さ
[金沢の主要な観光名所は1日で回れます]




旧広坂通りはゆっくりと散策

香林坊から兼六園へと向かう百万石通り(旧広坂通り)は美しい並木道です。並木道を進むと赤煉瓦の建物が見えてきます。その建物は旧制金沢第四高等学校の校舎で国の重要文化財に指定されています。

現在は石川四高記念文化交流館という名称になっており、館内には石川四高記念館と石川近代文学館というミュージアムが設けられています。

赤レンガの校舎を見ながら兼六園へ

緑の木々と赤煉瓦とのコントラストを過ぎると交差点に出ます。

交差点の左手にはアメリカ楓通りと名付けられている並木道が金沢城公園の玉泉院丸口へと伸びています。一方の右手には金沢市役所があり、その先が金沢21世紀美術館です。兼六園の前に21美に立ち寄られるのもいいでしょう。

綺麗な散歩道「アメリカ楓通り」

交差点を直進するとアンティークな雰囲気の建物の前を通ります。

この建物は旧県庁舎で、現在は「しいのき迎賓館」というコンベンション施設になっています。大通り側は旧い外観のままなのですが、裏手に回るとガラス張りの現代的な外観に改装されています。

しいのき迎賓館を過ぎると広坂交差点で、交差点を渡ると兼六園の真弓坂口です。長町二の橋から真弓坂口までは1km弱の距離ですので、信号待ちの時間も考慮して15分ほどの所要時間とみておけば良いかと思います。

しいのき迎賓館は『ドクターX』のロケ地

Scene 2
しいのき迎賓館-旧県庁の趣きを残す憩いの場

広坂交差点を渡ると兼六園の真弓坂口

緑のオアシスから兼六園へ

お天気の良い日でしたら、四高記念文化交流館としいのき迎賓館の裏手にある「いしかわ四高記念公園」と「しいのき緑地」をゆっくりとお散歩しながら兼六園に向かうのもお奨めです。

しいのき緑地は広大な芝生の広場で、兼六園を経由してきた水が小川となって “せせらぎ” を聞かせてくれます。また、左手には金沢城の城壁がそびえています。藩政期の金沢と、21世紀の金沢を対比できるお散歩コースです。

四高記念公園~しいのき緑地もお奨めルート

Scene 3
いしかわ四高記念公園-赤煉瓦と木々の緑

しいのき緑地を流れる水は兼六園から

金沢発!デザートたっぷり観光メニュー
金沢観光してみたいかも



加賀藩の歴史を体感・百万石ルート

<鼠多門橋ルート>
長町武家屋敷跡(長町六の橋)

お立ち寄りスポット
金沢中央観光案内所*尾山神社*鼠多門橋*玉泉院丸庭園金沢城公園

兼六園(桂坂口)


長町武家屋敷跡から兼六園へは、もうひとつ加賀百万石の栄華を実感できる絶好のルートがあります。長町六の橋にある金沢市足軽資料館から尾山神社に入り、鼠多門橋を渡って金沢城公園から兼六園へと入るルートです。

最初にご案内した香林坊ルートに比べて400mほど遠回りになりますが、金沢の歴史にご興味がある方はぜひ歩いてみてください。

足軽資料館の先を右手に曲がると、個性的な神門の尾山神社に向かって緩やかな上り坂が延びています。尾山神社の手前には金沢中央観光案内所があります。2020年の竣工ということでトイレがとても綺麗です。

足軽資料館前の遊歩道を過ぎて右に入ります
茶色い建物の1階が金沢中央観光案内所です

尾山神社から金沢城経由で兼六園へ

ステンドグラスの神社として人気が高まっている尾山神社は、加賀百万石の礎を築いた前田利家を祀った神社です。

境内を通り抜けると、2020年7月に完成したばかりの鼠多門橋に出ます。鼠多門をくぐると金沢城公園の玉泉院丸庭園です。ここからは園内の表示に従って二の丸広場~三の丸広場~石川門を経由して、石川橋を渡ると兼六園の桂坂口です。

このルートですと、長町六の橋から兼六園まで約1.3kmです。上り坂が多いので20分ほどかかるかもしれません。21世紀の金沢を体感する香林坊ルートと、藩政期の金沢を偲ぶ鼠多門ルート。ご自身の趣味嗜好によってお選びください。

尾山神社

Scene 4
尾山神社-個性的な神門は明治時代からの風景

鼠多門橋を渡ると金沢城公園の玉泉院丸庭園

兼六園コーナーのトップへ


長町武家屋敷跡から兼六園へ

金沢の地図が表示されない時は「リロード↺」を

移動中のお立ち寄りスポット
せせらぎ通り | 香林坊 | 石川四高記念文化交流館 | アメリカ楓通り | しいのき迎賓館 | 金沢能楽美術館 | 金沢21世紀美術館 | 石浦神社


Kenrokuen
兼六園


金沢がイメージできるページです

金沢発!デザートたっぷり観光メニュー
金沢観光してみたいかも-HOME-

観光エリアはTDLほどの広さ
観光名所は1日で回れます

街全体がテーマパーク!
金沢観光マップ

金沢旅行での観光ガイドを承ります