お散歩コース

いもり堀-金沢城公園で復元された第2のお堀

金沢のお散歩コース#4

2002年(平成14年)に放送されたNHK大河ドラマ『利家とまつ』。終戦直後から金沢大学のキャンパスとなっていた金沢城は、大河ドラマの放送に合わせるかのように藩政期の姿が甦りました。

2001年に菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓が復元されたのを皮切りに、2015年までに河北門、橋爪門二の門、玉泉院丸庭園が復元されていきました。そして、2010年に復元されたのが「いもり堀」です。

いもり堀は、正式には漢字で「宮守堀」と書くのですが、復元された後はひらがなで表記されています。

春には色とりどりの花がお堀沿いを彩ります

いもり堀はテニスコートでした

藩政期の金沢城にあった「百間堀」「白鳥堀」「大手堀」「いもり堀」の4つのお堀の中で、明治時代から今日まで一度も埋め立てられることがなかったのは大手堀のみです。

百間堀はお堀通りという名称で金沢の幹線道路のひとつとなり、白鳥堀は白鳥路というアート作品が並ぶ遊歩道になりました。

いもり堀が埋め立てられたのは1907年(明治40年)のことです。石川県のホームページによると、本丸の高石垣が崩壊したことによって埋め立てられたのだそうです。

その後、いもり堀があった場所は、1947年(昭和22年)に行なわれた第2回国民体育大会のテニス会場となり、1998年(平成10年)まで兼六園コートという名称で一般に開放されていました。

私は高校時代にテニス部に所属しており、兼六園コートでよく練習しました。当時はクレーコートが12面ほどあったと記憶しています。

この場所にテニスコートがありました




いもり堀はお城好きの方にお奨め

テニスコートから復元された「いもり堀」は、晴れた日には絶好のお散歩コースです。

お堀の周囲には色とりどりの花々が植えられ、お堀と城壁の間には緑の芝生が続きます。少し歩き疲れて足の裏が痛くなっている方には、芝生のクッションが快適に感じられることでしょう。

いもり堀と城壁の間には、金沢城で使用されている石垣が屋外展示されています。

金沢城の石垣は時代によって様々な形の石が使用され、自然石積み、粗加工石積み、切石積みと石垣を積み上げる方式も移り変わってきたこともあって、金沢城はお城マニアの人たちから「石垣の博物館」と言われています。

いもり堀の展示スペースには色々な種類の石垣が並べられ、それぞれの石垣に関する説明板が置かれています。

いもり堀に沿って城壁の石垣が展示されています

薪の丸コース

石垣が展示されているあたりには「薪の丸コース」の名付けられた散策コースへの入口があります。

この散策コースは、かつて金沢城内に設けられた「薪の丸(たきぎのまる)」から入城するルートで、石垣に設けられた階段を上り雑木林へと入って行きます。ハイキングコースのような自然道は玉泉院丸庭園へと続いています。

石垣の階段の上は金沢の中心街が一望できる穴場的な眺望スポットです。自然の中で、どこに出るのか分からない道を行くのが大好きという方にとっては、とても楽しい散策路です。

「薪の丸コース」の入口は石垣の階段

鯉喉櫓台

兼六園に最も近いところに設けられている「鯉喉櫓台(りこうやぐらだい)」と呼ばれる展望台も絶好の眺望スポットです。

この櫓台は長年にわたる発掘作業によって復元されたもので、展望台からは、「いもり堀」とともにしいのき迎賓館がある「しいのき緑地」が一望できる他、香林坊のビル街を見渡すことができます。

薪の丸コースからの眺め

金沢観光の-MENU-になります

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります



兼六園と21世紀美術館はすぐ近く

いもり堀は金沢城公園の入場口の中では「玉泉院丸口」のすぐ近くに位置しています。また、いもり堀から玉泉院丸口を過ぎて道なりに行くと、左手に尾山神社の東参道があります。

この他、いもり堀からは兼六園と金沢21世紀美術館へも至近距離です。

いもり堀~しいのき緑地にかけてのエリアは地理的にエアポケットになっており、平日は人通りも少なく閑散としています。人の多いところを歩くのに疲れたという方には最高のお散歩コースです。

鯉喉櫓台からの眺め

いもり堀の周辺スポット

金沢の地図が表示されない時は「リロード↺」

玉泉院丸庭園 |金沢城公園 | 百間堀 | 兼六園 | 石浦神社 | しいのき迎賓館 | 金沢能楽美術館 | 金沢21世紀美術館


NEXT - 黒門前緑地は観光案内に載っていない穴場です

お散歩コースコーナーTOP

主要な観光名所+金沢駅
金沢駅 | 兼六園 | 金沢城公園 | ひがし茶屋街 | にし茶屋街 | 主計町茶屋街 | 長町武家屋敷跡 | 金沢21世紀美術館 | 近江町市場


金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は600円です。路線バスの200円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

人気スポット+城下町の隠し味

金沢を観光してみたいかもhome

金沢旅行での観光ガイドを承ります



-お散歩コース

© 2021 金沢を観光してみたいかも Powered by AFFINGER5