takadahouse2

Nagamachi-Bukeyashikiato*5
(Takada House)

長町の狭い路地に車が!? 実は帰宅途中です

金沢で古くから観光地として整備されたのが長町武家屋敷跡です。

近年は浅野川沿いのひがし茶屋街が若い女性や外国人観光客に大人気ですが、ひがし茶屋街のテーマパークのような高揚感とは違い、長町を訪れる観光客の方は藩政期の街並みをゆっくりと楽しんでいるように見えます。

一帯を塀で囲まれ財力と地位のある人だけが歩くことを許された茶屋街と、藩士が普通の日常生活を送っていた長町は、21世紀の今日もそれぞれの特徴が出ています。

長町は基本的には金沢の中心街に近い住宅街です。観光で訪れる方が散策される路地は地元の人たちにとっては生活の道です。また、旧い木造建築にカメラを向ける人も多く見かけますが、その建物が、人々が日常生活を送っている民家であることもよくあります。

時折、狭い路地に車が入ってくることがあります。そして、道に慣れていない人だと土塀を傷つけてしまうような曲がり角も難なく通過していきます。

はじめて長町を訪れた人の中には、「どうしてこんな狭いところに車で入ってくるのよ」という表情をする人がいますが、その車が土塀の奥の車庫に入って行くと、「ここに住んでいるのね」という感嘆の表情に変わり、男性からは卓越した運転技術を称賛する声が上がります。

市民の生活の場でもある長町は、急かされることのない普段着で歩ける観光地です。

中級武士の家にも池泉回遊式庭園が備わっています

中級武士の家にも池泉回遊式庭園が備わっています

加賀藩士の生活が垣間見える門構えと庭園

長閑な雰囲気を感じる長町の武家屋敷跡には、無料で見学できる旧加賀藩士の住居跡があります。それが「旧加賀藩士高田家跡」です。

旧加賀藩士高田家跡は、長町を流れる大野庄用水沿いの長町四の橋の十字路にあります。

大野庄用水はすぐ近くの犀川から取水している用水で、水の流れに沿って「一の橋」「二の橋」「三の橋」「四の橋」と続きますが、四の橋まで来ると江戸時代から現代へと街並みが変わっていきます。

「このあたりで武家屋敷もお終い?」という位置にあるのが高田家跡です。十字路に面している立派な門構えに誘われるように門の前まで行き、入館料が無料と記されていることを確認すると、「ちょっと見ていく?」という感じで立ち寄る人が多く見られます。

旧加賀藩士の高田家は、藩主の前田家から550石を与えられた中級武士で、加賀藩で6つの階級に分かれていた武士の中で上から3番目の平士(へいし)に位置していました。高田家がそこそこの位であったことを偲ばせるのが長屋門と呼ばれる大きな門です。

敷地内には庭園と奉公人の住まいの跡が残されています。庭園は小規模ながらも池を中心とした池泉回遊式庭園の様式で造られており、藩政期の中級武士の豊かな居住環境が伺えます。

庭園と隣接している建物には、仲間(ちゅうげん)と呼ばれる奉公人の生活状況を伝える説明パネルが展示されているなど、歴史に興味のある方には意外な掘出し物と言えるような施設です。

「旧加賀藩士高田家跡」では、2~3分ほどだけサッと見学して次の目的地に向かうこともできますし、陽気の良い日でしたら少し庭園を歩かれるのもいいかと思います。

また、建物の前には木のベンチが置かれていますので、少し歩き疲れたと感じている方は庭園を眺めながら一休みされるのもいいでしょう。

厩

使用人の住まいと厩

大野庄用水の流れに沿っていくと金沢駅方面

旧加賀藩士高田家跡から大野庄用水の流れに沿って歩いていくと金沢駅方面です。

また、高田家跡から四の橋を渡って真っすぐに行くと、5分ほどで金沢の中心街である香林坊に入ります。途中のせせらぎ通り沿いには飲食店が多くありますので、長町見学の前後にランチを取られるのもいいかもしれません。

このページでは長町一の橋から長町四の橋へ向かうという想定で話しを進めましたが、逆に「四の橋」から長町に入られる方は、そのままにし茶屋街まで足を延ばされるのもお勧めです。

にし茶屋街へは長町一の橋から10分ほどの距離です。また、にし茶屋街の手前には室生犀星記念館があります。

門を入ると大きな松の木が目に飛び込んできます

門を入ると大きな松の木が目に飛び込んできます

長町武家屋敷跡への行き方

長町武家屋敷・散策マップ(長町武家屋敷界隈を愛する会)



長町武家屋敷跡の周辺にある「観光してみたいかも」スポット

前田土佐守家資料館 | 金沢市老舗記念館 | 野村家庭園 | 香林坊 | 尾山神社


Nagamachi-Bukeyashikiato
News

旧加賀藩士高田家跡のあたりが武家屋敷跡と現代の街並みの境界線です

長町武家屋敷跡の土塀の街並みは武家の住宅街