三番丁 (さんばんちょう)

ひがし茶屋街の見どころ vol.9

観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ

その昔、金沢の旦那衆が芸妓さんとのお座敷遊びに興じた「ひがし茶屋街」では、お茶屋の建物の多くが女性向けのお店に業態変更しており、今では和風のショッピングタウンのような賑わいです。

ひがし茶屋街には一番丁、二番丁、三番丁の3本の通りがあり、メディアや観光ガイドブックで目にする道幅の広いメインストリートは二番丁になります。

二番丁から路地を左手に入ると、大人の落ち着きを漂わせる三番丁に出ます。このページでは、三番丁に多く見られる工芸品のお店をご紹介していきます。

金沢旅行までお時間のない方に
ひがし茶屋街が3分でわかる画像集

菅原神社の近くにある高級志向の工芸品店

観光で訪れる方が三番丁まで行かれる場合は、二番丁を卯辰山に向かって歩を進め、突き当りを左手に入って三番丁へと出るのが一般的なルートです。

三番丁へと入るところには「ひがし芸妓」の鎮守社である菅原神社が鎮座しています。菅原神社の近くには高級志向の工芸品店がいくつか見られます。

まず、三番丁の手前には九谷焼専門店の『宮』と、九谷焼をはじめ加賀蒔絵や加賀手まりなどを扱っている『久りゅう』の2つのお店が並んでいます。

九谷焼・宮 ぐう
住所:金沢市東山1-25-7
TEL:076-253-0617
時間:午前11時〜午後5時


久りゅう東山 くりゅう
住所:金沢市東山1-25-7
TEL:076-208-3588
時間:午前10時30分〜午後4時30分
定休:毎週水曜日


三番丁へと入ってすぐ左手にあるのが山中漆器専門店の『喜八工房』です。店内のゆったりとしたレイアウトが、丹念に塗り重ねていく山中漆器のイメージとマッチしています。

いずれのお店も本格的な工芸品店だけあって、お店の人の知識も豊富です。陶芸や漆などにご興味のある方は、店員さんからの説明を聞きながら、美術談議に花を咲かせるのもお奨めです。

ひがし茶屋街のお店は、かつてお茶屋だった建物を改装していることから、玄関の扉が閉まっている時には少し入りにくいかもしれませんね。

中でも『宮』『久りゅう』『喜八工房』は、メインストリートの賑わいから閑静なエリアへと入っていくあたりに位置していますので、このお店に入ってもいいのだろうか?と躊躇されるかもしれませんね。

喜八工房 きはちこうぼう
住所:金沢市東山1-26-7
TEL:076-251-1151
時間:午前10時〜午後5時
定休:無休(不定休あり)
「喜八工房」のホームページへ


『喜八工房』の向かい側にあるのが『うつわの器』という名前の工芸品店です。このお店は金沢で一番の老舗の和菓子屋さんである『森八』が経営している工芸品店で、九谷焼を中心としたアンティークな器が揃っています。

また、お店の奥にはカフェが併設されています。

うつわの器
住所:金沢市東山1-27-11
TEL:076-253-2939
時間:午前10時〜午後5時
定休:年中無休(1月1,2日のみ休業)

NEXT – 芸妓さんの在籍するお茶屋はひがし茶屋街に6軒

ひがし茶屋街への行き方

三番丁には気の利いたセレクトショップも

三番丁の中ほどにあるのがモダンな雰囲気の工芸品店『縁煌(えにしら)』です。

白地に紫の文字で『縁煌 enishira』と書かれた暖簾をくぐると、九谷焼や金箔工芸をはじめ、加賀手毬、加賀水引細工、ガラス工芸などの伝統工芸作品が並んでいます。

このお店は若手アーティストの作品を販売しているセレクトショップで、金沢の卯辰山工芸工房で腕を磨いた工芸作家を中心に作品が集められています。

陶器にガラスを組み合わせた1点ものの湯飲み茶わんをはじめとする斬新なデザインの数々は、さしずめ若手の伝統工芸作家による新作展示会のような雰囲気です。

縁煌 えにしら
住所:金沢市東山1-13-10
TEL:076-225-8241
時間:午前10時〜午後5時
定休:不定休
「縁煌」のホームページへ


同じく三番丁には石蔵造りの町家を改造したセレクトショップがあります。

『GALLERY H”(ギャラリーエッジ)』という名前のお店で、看板に記されている「新しい金澤、いいモノ探し。」というキャッチコピーと、秘密の世界に入って行くような狭く長い通路がクリエイティブ感覚を刺激します。

まず、お店の玄関でスリッパに履き替えて店内に入ると、左手に大きな蔵の扉がそのままの形で残されています。蔵の中に入ると2階の一部がくり抜かれ吹き抜けになっており、屋内テラス風にしつらえられています。

東山ギャラリーエッジ
住所:金沢市東山1-13-7
TEL:076-282-9909
時間:午前10時〜午後5時
定休:毎週水曜日
「東山ギャラリーエッジ」のホームページへ


三番丁の路地の突き当りには『かなざわ 美かざり あさの』という伝統工芸品のショップがあります。

お茶屋の建物を改装してオープンしたお店で、紅殻格子の入口を入ると朱色に塗られた大きな階段が目に飛び込んできます。「九谷焼」「加賀友禅」「金沢箔」「加賀繍」「桐工芸」などの作品が販売されています。

かなざわ 美かざり あさの
住所:金沢市東山1-8-3
TEL:076-251-8911
時間:午前9時〜午後6時
定休:毎週火曜日


NEXT – 芸妓さんの在籍するお茶屋はひがし茶屋街に6軒

金沢旅行までお時間のない方に
ひがし茶屋街が3分でわかる画像集

ひがし茶屋街への行き方

ひがし茶屋街周辺にある「観光してみたいかも」スポット
徳田秋聲記念館 | 金沢市立安江金箔工芸館 | 主計町茶屋街 | 泉鏡花記念館 | 金沢蓄音器館 | 金沢文芸館


金沢へ初めてお越しになる方へ
金沢観光の【メニュー】になります
Top Page

金沢旅行での観光ガイドを承ります

ひがし茶屋街-きもの女性が華になる街並み