Higashi-Chayagai*12
(Higashiyama-Kimachi St.& Kannon Ave.)

ひがし茶屋街への期待が膨らむ東山木町通り

21世紀を迎えて、兼六園とともに金沢の観光名所とツートップへと著しい発展を遂げた「ひがし茶屋街」。

浅野川大橋から、ひがし茶屋街のメインストリートである二番丁へと至る間には、ご近所で暮らす人たちの生活の息吹きを感じる道があります。それが、東山木町通りと観音通りです。

東山木町通りは、浅野川大橋からひがし茶屋街への導線となっている道です。2015年3月の北陸新幹線の開業に合わせて無電柱化が完了したこともあって、直線道路の景観がとてもすっきりとしています。

電柱が撤去されてスッキリとした景観に

ひがし茶屋街を訪れる人の大多数が、東山木町通りから入っていきます。

通りには金箔工芸や九谷焼のお店があり、“きんつば” で有名な和菓子屋さんの看板が目を引きます。また、近年は「溶けないアイスクリーム」をはじめとする新しいお店がオープンしています。

そして、商店に挟まれるように、一般の人たちが日常生活を送る民家が点在しています。

全国の和の風情を残す観光地では、人力車に乗ってゆっくりと観光エリアを回る楽しみ方が浸透していますが、ひがし茶屋街から主計町茶屋街を巡る人力車は、東山木町通りが出発点です。

東山木町通りは、楽しさ満載の観光名所・ひがし茶屋街への誘導路ともいえる道です。

「旧木町」の石碑から人力車がスタートします

ひがし茶屋街の余韻に浸る観音通り

観音通りは、毎年夏に四万六千日(しまんろくせんにち)の法要が行われる観音院へと通じる道です。東山木町通りに比べて通行量が少ないこともあって、落ち着いた佇まいを見せています。

地元の人たちの生活道路である観音通りには、金沢市の保存建造物に指定されている木造家屋があり、昭和の頃に見られた年代物の郵便ポストがレトロな雰囲気を漂わせています。

また、何世代にもわたって地元の人たちに親しまれてきた、お米屋さん、お醤油屋さん、乾物屋さんなどの個人商店が見られます。

旧観音町の石碑は金沢市指定保存建造物の前に

通りの途中には「ひがし茶屋休憩館」と名付けられた案内所が設けられています。休憩館にはボランティアのガイドさんが常駐していますので、お目当てのお店の場所など、分からないことがありましたらお尋ねください。

観音通りは、ひがし茶屋街へ向かわれる時よりも、ひがし茶屋街からの帰り道で歩かれるのがお奨めです。

こだわりを感じる伝統工芸品のお店でゆっくりと品定めをして、和の雰囲気を醸し出しているカフェで、金沢の風情を感じていただくのもいいでしょう。観音通りはひがし茶屋街の華やかさの余韻に浸れる通りです。

「ひがし茶屋休憩館」はレトロな郵便ポストが目印

東山木町通りと観音通りのお店

東山木町通り

金澤 烏鶏庵 ※金沢駅・金沢百番街「あんと」に出店

東山木町通りの入口に位置する和菓子屋さんで、烏骨鶏の卵で作られた「烏骨鶏かすていら」が人気です。「烏鶏庵」という漢字が目を引くのでしょうか、中国人観光客の姿が多く見られます。


千寿

東山木町通りにある “おみやげ処” です。お箸などの漆器類や、若い女性が気に入りそうな小物類をはじめ、金沢の各和菓子屋さんの菓子折りなどが販売されています。


金座和アイス

「溶けないアイス」というキャッチフレーズで大人気のお店です。金沢大学の研究センターが運営しており、原宿の竹下通りにも出店しています。アイスは本当に溶けません。

金座和アイスのホームページへ


寿苑

九谷焼の陶器を多く揃えるお土産屋さんです。九谷焼の湯呑茶碗やご飯茶碗、急須、猪口、小皿、箸置き、コーヒーカップなどの商品がお求めやすい価格で販売されています。


金箔屋さくだ ※金沢駅・金沢百番街「あんと」に出店

1919年(大正8年)創業の金箔工芸店で、長く東山にお店を構えてきた老舗です。金箔貼り体験も行なっています。ガラス張りで外から店内が見えることもあって、多くのお客さんが訪れています。

金箔屋さくだのホームページへ


中田屋 ※金沢駅・金沢百番街「あんと」に出店

老舗の和菓子屋さんです。「きんつば」と書かれた木製の看板と、風情のある町家のコントラストは東山木町通りの景観をリードしています。2階には和風カフェが併設されています。


観音通り

三味

和風カフェと工芸品店が一緒になったお店です。若手アーティストのための工芸工房が併設されている他、2階では金沢美術工芸大学の学生による和のオブジェが展示されています。


能加万菜

石川県のアーティストによる陶芸、漆器、硝子、縫製小物などを集めたセレクトショップです。地元作家の知名度アップのため、作品の写真撮影やSNSでの拡散を推奨しています。


別邸 薪の音・金澤

2017年の「金沢都市美文化賞」に選ばれた木造建築が “和” の風情を醸し出しています。伝統工芸品の販売とともに中庭に面してカフェが併設されています。また、2階が旅館となっています。

薪の音・金澤のホームページへ


福助座

昔の駄菓子屋さんの雰囲気を感じる工芸品店で、九谷焼や加賀友禅などの小物類の品揃えが豊富です。また、金沢美術工芸大学の学生のデザインによるご当地ネクタイも注目です。


菜菓匠 奈加川

金沢でも珍しい「野菜の蜜菓子」のお店です。五郎島金時、加賀れんこん、能登の蕃茄(トマト)などの加賀野菜や能登野菜を蜜漬けしたお菓子が人気です。お洒落な店構えが特長です。

奈加川のホームページへ


ひがし茶屋街への行き方


ひがし茶屋街周辺にある「観光してみたいかも」スポット

徳田秋聲記念館 | 金沢市立安江金箔工芸館 | 主計町茶屋街 | 泉鏡花記念館 | 金沢蓄音器館 | 金沢文芸館


Higashi-Chayagai
News

ひがし茶屋街は和服の女性が華になる街並み