frm-castle4

to Higashi-Chayagai*4
(from Kanazawa-Castle)

金沢城公園とひがし茶屋街との位置関係

 

ひがし茶屋街へ最も近い出口は大手門

ひがし茶屋街へは金沢城公園からも徒歩圏内です。徒歩圏内というよりもお散歩圏内と言った方が良いほどの近さで、ひがし茶屋街に最も近い入場門である大手門から約1.0km、所要時間にして10分少々です。

金沢城では、今でこそ兼六園と直結している石川門が正門のような賑わいになっていますが、藩政期にはこの大手門が正門でした。

大手門を出てお堀通りを右に行きます

大手門を出てお堀通りを右に行きます

大手門の左手には大手堀があり、大手門を出ると大手堀に沿ってお堀通りが走っています。

百万石通りへはお堀通りを右手に下ってください。緩やかな坂道を下り、ガソリンスタンドのある十字路で交わる通りが百万石通りです。ひがし茶屋街へは百万石通りを左手に入ります。

大手門から百万石通りへは緩やかな坂道を下ります

大手門から百万石通りへは緩やかな坂道を下ります

ガソリンスタンドの角を左に曲がります

百万石通りに出ると、あとは橋場交差点まで一本道です。このあたりは藩政期からお茶屋の文化が浸透していたこともあってか、いくつもの “老舗” が店を構えています。

金沢で一番の和菓子の老舗である森八本店、茶器で知られる大樋焼の窯元と大樋美術館、古くから地元の名士が宴席を催した高級料亭の金城楼。

森八本店の2階にはカフェが併設され、大樋美術館では大樋焼の器を選んで抹茶を楽しむことができます。金沢城公園からひがし茶屋街までの10分少々の短い行程においても、ちょっとした寄り道スポットが点在しています。

百万石通り。信号の交差点が橋場交差点です

百万石通り。信号の交差点が橋場交差点です

大樋美術館-350年の歴史を継ぐ大樋焼の殿堂

大樋美術館

橋場交差点では交差点をそのまま直進してください。

交差点を過ぎると目の前に浅野川大橋(トップの写真)が見えてきます。このあたりから急に人通りが増えてきたことを実感されると思います。ここからは人の流れに乗って浅野川大橋を渡り、右手に入るとひがし茶屋街です。

橋場交差点を直進すると浅野川大橋です

ひがし茶屋街に向かって全体的に下り坂ですので、足に疲れが溜まってくる午後の時間帯に歩かれると良いかもしれません。

なお、浅野川大橋の袂を左手に入ると主計町茶屋街です。ひがし茶屋街を訪れる前に、ブラリと散策しながら風情を味わうのもお奨めです。

浅野川大橋の袂を左手に入ると主計町茶屋街です

ひがし茶屋街のご紹介ページ

ひがし茶屋街は和服の女性が華になる街並み

百万石通りの裏通りは和服が似合う住宅街

百万石通りのひとつ手前の裏通りは金沢の中心に位置する住宅街です。

大手門の前に位置することから大手町という町名が付いており、藩政期には加賀藩士の住居が並んでいたエリアです。

寺島蔵人邸へはこの路地を入ります

寺島蔵人邸へはこの路地を入ります

この裏通りに入ってすぐのところにあるのが、茶道の裏千家の初代宗室である千仙叟宗室の邸地跡です。

邸地跡に取り付けられている案内板によると、千仙叟は3代藩主・前田利常と4代藩主・光高によって加賀藩に招かれたとあります。残念ながら邸内に入ることはできませんが、茶道の心得がある方にとってはぜひとも訪れたいスポットです。

千仙叟宗室居士邸地跡

千仙叟宗室居士邸地跡

また、この裏通りには観光名所として人気が高まっている寺島蔵人邸があります。

ここは12代藩主・前田斉広に仕え、農政改革などに功績のあった加賀藩士・寺島蔵人の屋敷で、家屋が寺島家から金沢市に寄付され観光地として整備されました。庭園に咲くドウダンツツジが有名で、茶室『乾泉亭』で抹茶を味わいながら庭園を眺めるのも風流です。

寺島蔵人邸では抹茶を味わいながら庭園鑑賞

寺島蔵人邸

寺島蔵人邸

近年の金沢では着物をレンタルして街を歩くことが、観光で訪れる若い女性の間でトレンドとなっており、ひがし茶屋街と、兼六園・金沢城公園を和服姿で行き来する女性が多く見られます。

金沢城公園からひがし茶屋街まで着物で歩かれる方は、車の往来の多い表通りよりも、車がほとんど通らない裏通りの方が風情を感じられるのではないかと思います。特に思い出の1枚を撮影したい方には裏通りがお薦めです。

なお、この裏通りは橋場交差点まで百万石通りと並行して走っており、曲がり角を右手に入ると百万石通りに出ます。

百万石通りのひとつ手前の裏通りは大手町の住宅街です

百万石通りのひとつ手前の裏通りは大手町の住宅街

さて、金沢城公園からひがし茶屋街へ行かれる方は、バスよりも歩く方が早いと思います。

金沢城の大手門と反対側にある石川門の下には「兼六園下・金沢城」というバス停があるのですが、城内からバス停にたどり着くまでに時間がかかりますし、運行本数も多くないことから、歩くことが苦にならない天候の時は歩かれるといいでしょう。

大手門からひがし茶屋街へは緩やかな下り坂が続きます

ひがし茶屋街をもう少し知りたい

ひがし茶屋街は和服の女性が華になる街並み


金沢城公園~ひがし茶屋街の途中にある「お立ち寄り」スポット

 寺島蔵人邸 | 金沢文芸館 | 金沢蓄音器館 | 泉鏡花記念館 | 主計町茶屋街


ひがし茶屋街周辺にある「観光してみたいかも」スポット

徳田秋聲記念館 | 金沢市立安江金箔工芸館

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間


ひがし茶屋街への行き方

金沢駅から | 近江町市場から | 兼六園から | 金沢城公園から | 金沢21世紀美術館から | 主計町茶屋街から 長町武家屋敷跡から


ひがし茶屋街から他の観光名所への行き方

主計町茶屋街へ | 金沢城公園へ | 兼六園へ | 金沢21世紀美術館へ | 近江町市場へ | 長町武家屋敷跡へ

※にし茶屋街へは近江町市場経由となります


Higashi-Chayagai
News

金沢観光の楽しさをご紹介するサイトです
金沢を観光してみたいかも

サイト管理者 | メニュー | リンク集 | 金沢について | お問い合わせ

ひがし茶屋街は和服の女性が華になる街並み