ひがし茶屋街への行き方(まとめ)

観光名所への行き方#3

ひがし茶屋街は、藩政期に旦那衆の遊びの場として誕生したことから、一般社会に悪い風紀を持ち込ませないとの主旨で、浅野川の向こう側に作られました。

このように書くと、他の観光名所から遠いのではないかと思われるかもしれませんが、主計町茶屋街とは隣町で、金沢城公園からも、兼六園からも、近江町市場からも、歩いて10分少々です。

「バスを利用する方が絶対に良いよね」と感じるスポットは、金沢駅、長町武家屋敷跡、金沢21世紀美術館、にし茶屋街あたりでしょうか。

このページでは、ひがし茶屋街へ歩いて行くルートを簡単にご案内します。バスでの移動方法を調べたい方は、このページに掲載の一覧表「ひがし茶屋街へバスで行くには?」を参考にしてください。

ひがし茶屋街と他の観光名所の位置関係

※金沢の街は歩いて移動できます。金沢駅通りは約850m、百万石通りは1周約4.3km、お堀通りは1周約2.2kmです。

ひがし茶屋街への入口は浅野川大橋

金沢で有数の観光名所となった「ひがし茶屋街」へは百万石通りを行くのが一番わかりやすいでしょう。百万石通りは金沢の観光名所を一回りする幹線道路で、ひがし茶屋街に近い交差点は橋場交差点です。

ひがし茶屋街へは、近江町市場が面する武蔵交差点から橋場交差点へと向かうルートか、兼六園の桂坂口に近い兼六園下交差点から橋場交差点へと向かうルートのいずれかになります。

兼六園からも、近江町市場からも橋場交差点まで10分ほどの距離ですので、バスの待ち時間が5分以上ある場合は歩く方が早いかもしれません。浅野川大橋まで辿り着ければ、ひがし茶屋街まで人の流れができています。

なお、主計町茶屋街はひがし茶屋街とは浅野川大橋の対角線上に位置する隣町です。

主計町とは浅野川大橋を挟んで隣町です

観光エリアは皇居ほどの広さ
[金沢の主要な観光名所は1日で回れます]




兼六園~ひがし茶屋街は桂坂口が出発点

兼六園からひがし茶屋街へ行かれる際は、前述のとおり表通りの百万石通りを歩いて行くルートが最も簡単です。

まず、兼六園の桂坂口を出たところにある兼六園下交差点から金沢地方裁判所の前を行き、道なりに右にカーブし、さらにその先を道なりに左にカーブすると、あとは浅野川大橋までほぼ直線の一本道です。

兼六園から百万石通りを進み右にカーブ

浅野川が近づいてくると緩やかな下り坂になり、前方には遠目からも分かるほどレトロな街並みが見えてきます。兼六園下交差点から橋場交差点までは10分ほどで到着します。

橋場交差点を過ぎて、浅野川大橋を渡ると「ひがし茶屋街」へと向かう人の流れができています。

緩やかな坂道を下ると橋場交差点です

浅野川大橋を渡るともうすぐです

金沢城公園からひがし茶屋街に向かう際も途中から同じ道になります。金沢城公園では大手門がひがし茶屋街に最も近い出入口で、大手門を出てお堀通りを右手に下っていくと百万石通りに合流します。

金沢城からは大手門を出てお堀通りを右へ

金沢21世紀美術館からは、森の都・金沢を象徴する景観の百間堀を歩いて兼六園下交差点まで行くと、あとは兼六園~ひがし茶屋街と同じルートになります。

21美からは百間堀を歩いて兼六園下へ

裏通りから主計町ルートはお薦め

百万石通りと並行して走る裏通りには、旧い門構えの旧家がところどころに残っています。兼六園、金沢城公園、金沢21世紀美術館からひがし茶屋街への道のりでは、裏通りを歩かれるのもお奨めです。

裏通りには茶道の裏千家の初代宗室である千仙叟宗室の邸地跡や、観光スポットのひとつとなっている寺島蔵人邸があります。寺島蔵人邸ではお茶室でゆっくりと抹茶を楽しみながら休憩されるのも粋です。

ひがし茶屋街の手前には、金沢の三茶屋街のひとつである主計町茶屋街がありますので、金沢21世紀美術館→兼六園→金沢城公園→主計町茶屋街→ひがし茶屋街というスケジュールを立てられるのもいいでしょう。

兼六園からは裏通りを歩くのもお奨めです

金沢観光の-MENU-になります

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります



近江町からの裏通りに泉鏡花の生家跡

近江町市場のある武蔵交差点から橋場交差点へと続く直線の道は、尾張町という伝統的建造物が数多く残るエリアで、築年数が100年を超える木造建築や、竣工当時は超モダンなデザインであったと思われるレトロな雰囲気の洋風建築が点在しています。

武蔵交差点からはこの方向に進みます

橋場交差点を左に曲がると浅野川大橋

近江町市場のある武蔵交差点から橋場交差点に向かう際には、百万石通りから左手に1本入った新町・鏡花通りを歩かれるのもお奨めです。この通りは、金沢の三文豪の一人として知られる泉鏡花が生まれ育った通りです。

百万石通りと並行する新町・鏡花通り

にし茶屋街と長町からは近江町経由で

にし茶屋街長町武家屋敷跡からひがし茶屋街へ向かう際は、近江町市場を経由することになります。金沢で一番の繁華街・香林坊から武蔵交差点方向に歩いて近江町市場を目指してください。

近江町市場を見学してから、主計町茶屋街の風情ある街並みを歩いてひがし茶屋街へという道のりは、旧い金沢と新しい金沢を体感できるルートです。

尾山神社前交差点。写真の方向が近江町市場

近江町市場は長町とひがし茶屋街の中間点

ひがし茶屋街までの距離と徒歩時間

観光名所名 距離 徒歩時間
金沢駅から 約2.0km 約25分
近江町市場(市姫神社口)から 約1.0km 約12~13分
兼六園(桂坂坂口)から 約1.3km 15分強
金沢城公園(大手門)から 約1.0km 約12~13分
金沢21世紀美術館から 約1.7km 20分強
主計町茶屋街から 約350m 約5分
長町武家屋敷跡(長町六の橋)から 約2.2km 約30分
にし茶屋街から ※近江町市場経由 約3.0km 約40分

クリック or タップで各々の行き方のページへ

🚍

ひがし茶屋街へバスで行くには?

下車バス停=橋場町(はしばちょう)

観光名所名 乗車バス停=のりば 利用バス
金沢駅 東口バスターミナル=6番のりば 金沢周遊バス・右回りルートで4つ目
近江町市場から 武蔵ヶ辻・近江町市場=3番のりば/かなざわはこまち前 到着する全ての路線バスで2つ目
兼六園から 兼六園下・金沢城=2番のりば/観光物産館前 橋場町経由の路線バスで1つ目
兼六園下・金沢城=5番のりば/白鳥路前 金沢周遊バス・左回りルートで1つ目
金沢城公園から 兼六園と同じ 兼六園と同じ
金沢21世紀美術館から 広坂・21世紀美術館=4番のりば/石浦神社向い 金沢周遊バス・左回りルートで2つ目
長町武家屋敷跡から 香林坊=8番のりば/ラモーダ前 橋場町経由の路線バスで4つ目
にし茶屋街から 広小路=3番のりば/寺町寺院群・にし茶屋街 金沢周遊バス・左回りルートで5つ目

主計町茶屋街については、歩く方が早いです。
※近江町市場、金沢城公園、兼六園については、歩く方が早いこともあります。
観光名所名をクリックすると、それぞれの「行き方の案内ページ」にリンクします。

ひがし茶屋街の周辺スポット

金沢の地図が表示されない時は「リロード↺」

安江金箔工芸館 | 秋聲のみち | 徳田秋聲記念館 | 鏡花のみち | 主計町茶屋街 | 泉鏡花記念館 | 金沢蓄音器館 | 金沢文芸館


ひがし茶屋街の見どころ

ひがし茶屋街への行き方

ひがし茶屋街の周辺スポット
安江金箔工芸館 | 秋聲のみち | 徳田秋聲記念館 | 鏡花のみち | 主計町茶屋街 | 泉鏡花記念館 | 金沢蓄音器館 | 金沢文芸館


ひがし茶屋街から他の観光名所へ
主計町茶屋街へ | 兼六園へ | 金沢城公園へ | 金沢21世紀美術館へ | 近江町市場へ | 長町武家屋敷跡へ

主要な観光名所は8つ+金沢駅
金沢駅 | 兼六園 | 金沢城公園 | ひがし茶屋街 | にし茶屋街 | 主計町茶屋街 | 長町武家屋敷跡 | 金沢21世紀美術館 | 近江町市場

ひがし茶屋街が3分でわかる画像集

ひがし茶屋街-topics-

金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は600円です。路線バスの200円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

人気スポット+城下町の隠し味

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります



2016年6月13日