from_omicho5

to Higashi-Chayagai*2
(from Omicho-Market)

近江町市場とひがし茶屋街との位置関係

omicho-higashi

市姫神社口から百万石通りを橋場交差点まで

近江町市場からひがし茶屋街へは約1kmの距離で、歩いて10分少々で到着します。

百万石通りを武蔵交差点から橋場交差点まで一直線に歩き、橋場交差点を左に曲がって浅野川大橋を渡ると右手がひがし茶屋街です。

曲がり角がひとつだけですので、はじめて金沢を訪れる方も迷われることはないと思います。

近江町市場からは「市姫神社口」がひがし茶屋街に最も近いゲートで、市姫神社口の前を走る百万石通りを右手に行ってください。他のゲートから出てしまった場合でも、多少は遠回りになりますが、武蔵交差点から市姫神社口の前を通って行けば大丈夫です。

武蔵交差点からはこの方向に行きます

武蔵交差点からはこの方向に行きます

百万石通りの中でも、武蔵交差点と橋場交差点を結ぶ旧尾張町大通りは伝統的建造物が点在するエリアです。

尾張町は前田利家の生まれ故郷の尾張(現在の愛知県)から移住してきた商人が居を構えたエリアで、築100年以上の建物では今も変わらぬ商いが営まれています。

百万石通りの中ほどにある町民文化館

百万石通りの中ほどにある町民文化館

尾張町の石碑と町民文化館を過ぎるあたりから、前方に橋場交差点が見えてきます。

そして、金沢蓄音器館と柳宗理記念デザイン研究所を過ぎると下り坂となり、枯木橋を渡るとアンティークな外観の金沢文芸館が面する橋場交差点です。

ひがし茶屋街へは交差点を左手に行ってください。左手に行くと浅野川大橋があり、橋を渡って右手がひがし茶屋街になります。

橋場交差点。T字路を左手に行くと浅野川大橋です

橋場交差点。T字路を左手に行くと浅野川大橋です

新町・鏡花通りも風情のある通りです

お散歩がお好きな方でしたら、大通りを歩いている時に小さな路地を見かけると、思わず路地を覗いてみたくなるのではないでしょうか。

百万石通り(尾張町大通り)から1本左に入り、百万石通りと並行して走っている通りが新町・鏡花通りです。通りのネーミングからも分かるとおり、この路地は泉鏡花の生家跡へと通じる道です。

鏡花が自分の生まれた街を題材とした作品『照葉狂言』には、この道を「朝より夕に至るまで、腕車、地車など一輌も過ぎるはあらず」と記されていますが、現代においても、車より歩行者や自転車の方が多いのではないかと思えるほどの閑静な通りです。

泉鏡花記念館へ行かれる方は金沢蓄音器館の脇の路地を入ります

泉鏡花記念館へ行かれる方は金沢蓄音器館の脇の路地を入ります

ひがし茶屋街の散策の前に、泉鏡花記念館に立ち寄って幻想とロマンの世界に浸るのもいいでしょう。記念館を過ぎると下り坂となりT字路に突き当たります。T字路を左手に行くと浅野川大橋です。

また、この通りには地元の人たちに親しまれてきた茶葉、佃煮、あぶら取り紙などの老舗のお店が点在しています。

新町・鏡花通り

新町・鏡花通り

主計町茶屋街から浅野川大橋のルートもお奨め

近江町市場からひがし茶屋街へと向かう際には、主計町茶屋街を経由して行くのもお奨めです。

泉鏡花記念館の手前にある、久保市乙剣宮という神社の境内を通り抜けると石段坂があります。この坂道は “暗がり坂” と名付けられている石段坂で、茶屋建築の建物に囲まれた風情のある景色へと通じています。

石段を下ったところが主計町茶屋街で、静けさが漂う裏手の路地にあたります。

右手に版画家の故クリフトン・カーフ氏の専用ギャラリーがあり、左手の主計町事務所の前には“暗がり坂”の石碑と、“照葉さくら”と名付けられた1本の桜の木がそびえています。

この場所は、和服姿の女性を被写体とするシチュエーションでは最高の撮影スポットです。

このポイントは和服の女性にぴったりの撮影スポットです

このポイントは和服の女性にぴったりの撮影スポットです

裏手の路地から浅野川沿いの表通りに出て、茶屋建築の建物が立ち並ぶ街並みを眺めながら、浅野川大橋に向かってゆっくりと歩を進めるのも風情があります。

主計町茶屋街を抜けると浅野川大橋です

主計町茶屋街を抜けると浅野川大橋です

地図上の「下新町」と浅野川の間のエリアが主計町です


近江町市場~ひがし茶屋街の途中にある「お立ち寄り」スポット

尾張町金沢文芸館 | 金沢蓄音器館 | 泉鏡花記念館 | 主計町茶屋街


ひがし茶屋街周辺にある「観光してみたいかも」スポット

徳田秋聲記念館 | 金沢市立安江金箔工芸館

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間


Higashi-Chayagai
News

ひがし茶屋街は和服の女性が華になる街並み