history-museum

Ishikawa-Redbrick-Museum
(Museum vol.3

兼六園の先の高台に位置する赤煉瓦の建物

明治時代から大正時代にかけての代表的な建築様式のひとつに赤レンガがあります。全国的には横浜の赤レンガ倉庫が有名ですが、金沢にも赤レンガ造りの重要文化財があります。

ひとつは香林坊のすぐ近くに位置し、旧制金沢第四高等学校の校舎だった石川四高記念文化交流館で、もう一つが、兼六園の先の本多の森に佇む「いしかわ赤レンガミュージアム」です。

いしかわ赤レンガミュージアムは、1909年(明治42年)から1914年(大正3年)にかけて旧陸軍の兵器庫として建設された建物で、戦後は金沢美術工芸大学として使用されていました。赤レンガの建物は3棟あり、2棟が石川県立歴史博物館、1棟が加賀本多博物館となっています。

旧さと新しさが融合した外観

旧さと新しさが融合した外観

加賀百万石だけではない石川県の歴史

県立歴史博物館は縄文時代から現代までの石川県の歴史を紹介するミュージアムです。

加賀国と能登国の誕生から、武士階級である富樫氏の支配。一向一揆によって富樫氏を駆逐し「百姓ノ持タル国」と言われた共和政治の時代を経て、前田利家公の金沢城入城から明治維新までの藩政期。

さらに日清戦争、『二○三高地』の日露戦争、太平洋戦争から現代に至る石川県の歴史をパネルやジオラマで紹介しています。

第1展示室では、江戸時代に参勤交代が義務付けられた全国の藩の中で、最も豪華な大名行列と言われた加賀藩の行列の様子がジオラマで紹介されている他、江戸から金沢までの宿場が記されています。

また、江戸時代の犀川大橋から片町に至る街並みもジオラマで再現されています。

第2展示室では、明治から昭和初期に至るまでの金沢の街並みが写真で紹介されている他、石川県の地元の祭りを加賀と能登の祭りに分けて展示しています。

この他にも、無料で見学できるフリーゾーンでは、兼六園周辺の施設をジオラマで紹介しています。

県立歴史博物館から加賀本多博物館への通路

県立歴史博物館から加賀本多博物館への連絡通路

加賀本多博物館は、加賀藩の筆頭藩士で5万石の禄高を誇った本多家の所蔵品を展示しているミュージアムです。

江戸時代の大名の3分の2が5万石以下の禄高であった中で、5万石という禄高は大名に仕える身としては破格の待遇でした。

ちなみに赤レンガミュージアムが位置する本多の森は、かつて本多家の上屋敷が置かれた場所です。

展示室では本多家に伝わる鎧、兜、刀、槍などの武具をはじめ、加賀象嵌を施した鐙や蒔絵の鞍などの馬具、金箔や蒔絵を施した重箱、前田家からお輿入りしたお姫様の嫁入り道具などが展示されています。

展示品の中でも、さすがは5万石の大藩士と思われる所蔵品が馬に水を与える柄杓(ひしゃく)です。

この馬柄杓は外側が漆塗りされ、内側には金箔が施されています。馬に水を与えるのにも金箔の柄杓を使用していたことからも本多家の莫大な資産が伺えます。

県立歴史博物館のロビーには威厳を感じる階段が

県立歴史博物館のロビーには威厳を感じる階段が

アンティークな建物にある超モダンな休憩所

本多の森は高台に位置することもあって人通りの少ないエリアです。また、美術館や博物館などの文化施設が集まるエリアですので、近辺にはお食事処やカフェなどの飲食店が少ないのが現状です。

このこともあってか、赤レンガミュージアムの第1棟と第2棟を結ぶコンコースには「ほっとサロン」と名付けられた休憩所があります。

全面ガラス張りのお洒落な休憩所で、菓子パンと飲み物の自動販売機が設置され、赤レンガの建物を眺めながらゆっくりと休憩することができます。また、第2棟と第3棟の間には灰皿も用意されています。

館内の休憩スペースは無料で利用できます

館内の休憩スペースは無料で利用できます

観覧料については、石川県立歴史博物館は一般が300円、大学生と65歳以上が240円で高校生以下は無料です。加賀本多博物館は一般が400円、大学生が300円で高校生以下は無料です。

2つのミュージアムに入館できる共通券も販売されており、一般が500円、大学生が400円です。

開館時間はいずれも午前9時から午後5時(入館は午後4時30分)で、年末年始と展示替えの期間は休館日となります。また、加賀本多博物館については、11月~2月の毎週木曜日も休館日です。

なお、展示室での撮影は禁止されており、展示室以外の階段やコンコース、歴史博物館のフリーゾーンについてのみ撮影可能となっています。

また、赤レンガミュージアムでは、辰巳用水に用いられた石管が噴水として再利用されています。毎日数回にわたって放水が行なわれており、絶好の撮影スポットです。

噴水からは定期的に放水されます

石管を再利用した噴水からは定期的に放水されます

石川県立歴史博物館ホームページ | 加賀本多博物館ホームページ


いしかわ赤レンガミュージアムから近い「お立ち寄り」スポット

本多の森 | 兼六園 | 金沢神社石川県立伝統産業工芸館金沢市立中村記念美術館 | 鈴木大拙館

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間


Kanazawa-Museum
News

地図には「石川県立歴史博物館」「加賀本多博物館」と表記されます

金沢の美術館・記念館