金沢建築館-閑静な環境に佇む金沢建築の拠点

観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館

金沢の美術館・記念館 vol.19
(にし茶屋街エリア)

この20年の間に、金沢では多くの美術館や記念館がオープンしました。今では、人口46万人の地方都市とは思えないほどの数のミュージアムがあります。

その金沢で、2019年7月にオープンしたのが「谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館」です。

金沢の建築文化の発信拠点となるミュージアムで、文化勲章を受章した著名な建築家・故谷口吉郎氏の住まいの跡地に整備され、吉郎氏の息子で、金沢では鈴木大拙館の設計で知られる谷口吉生氏が設計しました。

建物は国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に指定されている寺町寺院群に位置し、街のメインストリートの寺町通りに面しています。

周辺には観光スポットが点在し、忍者寺の愛称で知られる妙立寺とは200mほど、金沢の三茶屋街のひとつ・にし茶屋街とは300m少々、金沢の三文豪の一人・室生犀星記念館とは600mほどの距離です。

金沢建築館は重伝建の寺町通りに




谷口吉郎氏の代表作「游心亭」を再現

館内に入ると2階まで吹き抜けになったラウンジあり、ミュージアムショップと茶房が併設されています。また、寺町通りに面した大きな窓からは伝統的な街並みを眺めることができます。

受付から展示エリアに入ったところがホールです。地下1階から2階まで吹き抜けとなった空間で、館内での導線が一目で変わるレイアウトになっています。

鈴木大拙館に行かれたことがある方でしたら、打ちっ放しのコンクリートをメインとしたシンプルな内装と、見る人の心に静寂をもたらす空間の使い方は、鈴木大拙館と似ていると感じるかもしれません。

吹き抜けになっている1階ホール

2階の常設展示室には、谷口吉郎氏の代表作である、迎賓館赤坂離宮の和風別館「游心亭(ゆうしんてい)」の広間と茶室が再現されています。

游心亭の再現は、金沢建築館の最大の特徴となっているキーポイントで、息子の吉生氏が何度も現地に足を運んで測定し再現しました。

ちなみに、赤坂にある「游心亭」の広間は、1986年の東京サミットでワーキングランチの会場として使用されました。

金沢建築館のイチ押しポイント・広間

半透明の白い自動扉が開くと、右手に游心亭の広間があり、左手に游心亭の池を模した水庭が設けられています。水庭の前にはベンチが置かれていますので、ベンチに座ってゆっくりと佇むのも風流です。

そして、広間の先には游心亭の茶室が再現されています。

游心亭の茶室

館内の展示を見終わった後は、1階のラウンジにある茶房「楓」やミュージアムショップに寄られるのもお奨めです。ショップでは色鉛筆が販売されているところが建築ミュージアムらしいところです。

金沢建築館のもうひとつの特徴は、建物の外の無料ゾーンに、寺町通りと犀川べりを結ぶ回遊路が整備されていることです。犀川べりは晴れた日には絶好のお散歩コースです。

水辺と緑がマッチした水庭

金沢旅行での観光ガイドを承ります

谷口吉郎氏は金沢市の名誉市民第1号

金沢は日本で初めて「景観保存条例」が制定された都市です。この条例は、谷口吉郎氏からの提言によって1968年(昭和43年)に制定されました。

なお、吉郎氏は金沢市の名誉市民第一号となっています。

谷口吉郎氏は、1904年(明治37年)に金沢市の寺町で生まれました。実家は九谷焼の窯元で、ご本人によると、職人さんの誇りをもって仕事に携わる姿が建築家としての礎になったそうです。

前述の游心亭をはじめ、東宮御所(現 赤坂御所)、ホテルオークラのメインロビー、帝国劇場のロビーと客席などを設計し、1973年(昭和48年)に文化勲章を受章しました。

息子の谷口吉生氏は、鈴木大拙館、東京国立博物館法隆寺宝物館、ニューヨーク近代美術館などの有名ミュージアムの設計で知られ、日本、米国、英国の建築家協会の名誉会員となっています。

吉生氏の作品は、打ちっ放しのコンクリートに水辺と緑を融合させたクールなデザインが特徴です。

寺町通りから犀川べりへの回遊路

金沢建築館の入館料は、一般が310円、65歳以上が210円で高校生以下は無料です。開館時間は午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)です。

休館日は毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は直後の平日)と、年末年始(12月29日~1月3日)となっています。※展示資料の整理のため休館することがあります。

なお、写真撮影については、地下の企画展示室だけは撮影が禁止されていますが、それ以外の館内は撮影可能です。このあたりも、展示室以外は撮影okという鈴木大拙館と同じです。

金沢建築館は、ゆったりと寛げるミュージアムです。

展示を見た後はラウンジでゆっくりと
谷口吉郎・吉生記念金沢建築館
かなざわけんちくかん
住所:金沢市寺町5-1-18
TEL:076-247-3031
料金:一般 310円、65歳以上 210円、高校生以下 無料
時間:午前9時30分から午後5時(入館は4時30分まで)
休館:毎週月曜日(月曜日が休日の場合はその直後の平日)、年末年始
撮影:地下1階の企画展示室は撮影NG。それ以外は撮影ok
金沢建築館ホームページ

NEXT – 石川県立美術館-緑に囲まれた抜群の芸術環境


金沢建築館から近い「お立ち寄り」スポット
にし茶屋街 | 室生犀星記念館 | 犀星のみち | W坂

金沢観光のMENUをどうぞ
このサイトのHOMEへ

金沢について効率的に調べたい方へ

地図を見て予定を立てたい方へ金沢観光マップ
知りたい情報からご覧ください
観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ
あなただけの観光プランを満喫金沢観光ガイド


金沢を観光してみたいかも」