街の話題-topics-

12月までの木~土に金沢芸妓の踊りが500円

2019年9月6日

2019年9月6日付の北國新聞に、観光で訪れる方には興味深いと思われる「伝統文化ナイトシアター」の記事が掲載されていました。

これは金沢の伝統文化と芸能が1時間のダイジェストで披露されるステージで、華道と箏(こと)、民謡、和太鼓、吟剣詩舞の各団体と、金沢芸妓による舞や演奏が披露されます。

記事によると、箏と華道のパフォーマンスで幕が開き、正派邦楽会の中島雅楽秀さん、普神雅楽漣さんの演奏に合わせ、古流華之枝会の梅田理麻さんがタニワタリを格調高く生けました。

引き続き兼六民謡会の山岸絋晴主宰ら3人が、「二俣いやさか踊り」などで故郷の心をうたい、和太鼓大地は軽快なばちさばきで観客を沸かせました。また、渋川流剣詩舞道は「九月十三夜」などで勇壮な演舞を披露しました。

最後にひがし茶屋街の真砂美さんと七葉さんがあでやかな踊りで観客を魅了しました。初日の9月5日は金沢市文化ホールで行われ、観客約100人が研さんを重ねた芸を堪能したとのことです。

金沢市文化ホール

金沢市が主催

伝統文化ナイトシアターは、旅行者らが金沢の伝統文化に気軽に触れられる機会をつくろうと金沢市が初めて実施しました。

観客の3割以上が外国人でした。

英国から家族旅行中の20歳の男性は「ファンタスティック。異文化を体験できる素晴らしい機会だった。もう1時間座っていたい」と笑顔を見せ、彼の母親は「普段は見られない芸妓さんの踊りに感激した」と語っていました。

「伝統文化ナイトシアター」は、金沢市文化ホール、北國新聞交流ホール、しいのき迎賓館の3会場で、12月までの木~土曜日に開催されます。

午後6時30分開演で、料金は500円です。計48公演を予定しています。

公演予定
9/5~7  金沢市文化ホール
9/12~14  しいのき迎賓館
9/19~21  しいのき迎賓館
9/26~28  金沢市文化ホール
10/3~5  金沢市文化ホール
10/10~12  北國新聞交流ホール
10/17~19  金沢市文化ホール
10/24~26  金沢市文化ホール
10/31~11/2  北國新聞交流ホール
11/7~9  北國新聞交流ホール
11/14~16  金沢市文化ホール
11/21~23  北國新聞交流ホール
11/28~30  しいのき迎賓館
12/5~7  北國新聞交流ホール
12/12~14  北國新聞交流ホール
12/19~21  しいのき迎賓館

北國新聞交流ホール(赤羽ホール)

金沢は都市型テーマパーク!

トップページの観光メニューへ

お客様だけの観光プランで
金沢旅行での観光ガイドを承ります

日本文化に触れたい欧米からの観光客

北陸新幹線の開業以降、金沢では欧米からの観光客が飛躍的に増えました。

私が街中で見かける欧米人の方々は、ちょっとしたものであっても、日本的なものを見つけるとカメラを向けています。ひとつでも多く「JAPAN」に触れたいと思っていることがよく分かります。

欧米からの観光客が興味を抱くのは「Samurai」と「Kimono」だと言われますが、剣の演舞と芸妓さんの踊りは、彼らの知的好奇心を満足させるのではないでしょうか。とても良い試みだと思います。

欧米人が憧れる「芸妓さん」

もうひとつ、夜のお楽しみを増やそうとする試みにも賛成です。

人口46万人の地方都市・金沢は眠りに付くのが早い街で、夜9時に街中で起きているのは片町くらいです。このことから、夜の楽しみが弱いことが大きなウイークポイントとなっています。

私は、泉鏡花記念館などのミュージアムを夜8時まで開館すべきだと思っていますが、この記事でご紹介した「伝統文化ナイトシアター」のような催しを増やしていくのも方策のひとつだと思います。

12月まで実施されるとのことですので、今年中に金沢を訪れるご予定のある方は参加されるのもいいかもしれませんね。

なお、北國新聞の紙面には、予約方法やお問い合わせ先については記述がありませんでしたので、金沢市役所の観光課にお問い合わせするのが良いかと思います。

金沢市役所  076-220-2111(代)

しいのき迎賓館

関連記事
しいのき迎賓館-旧県庁の趣きを残す憩いの場 | 金沢の主要なライブ会場は観光名所もすぐ近く


Kanazawa Topics

主要な観光名所は8つ+金沢駅

ご旅行前に知りたい情報は?

金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は800円です。路線バスの210円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

金沢観光の-MENU-になります

このサイトのトップページへ

時間を買う感覚でご活用を
金沢旅行での観光ガイドを承ります

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

金沢観光ガイド 南 武志

観光客の方が「ひがし茶屋街」の最寄りのバス停に並ばれているのを見て、兼六園も近江町市場も歩いて10分なのに…と思ったことが、このサイトをはじめたキッカケでした。 金沢の街は歩いて回れます。自分だけの観光プランで城下町・金沢を満喫してください。

-街の話題-topics-