テレビのロケ地

日本イチバン旅「金沢人のお薦め飲食店ランク」に納得

2023年12月4日

2023年11月30日(木)にTBS系列で放送された『加藤浩次と小泉孝太郎の 日本イチバン旅』は、金沢観光サイトを配信する私にとって、とても興味深い番組でした。

この番組は、日本一に挙げられた街の地元の人たちがオススメする“1番人気”のお店はどこか?を当てるクイズ形式の番組で、加藤浩次さん、小泉孝太郎さん、大久保佳代子さん、堀田茜さんの4人が金沢の街を巡ってくれました。

じゃらんリサーチセンター調べによる「地元ならではのおいしい食べ物が多かったランキング」で石川県が第1位にランクされたことから、石川県の中心地の金沢で、金沢市民が一番お薦めする飲食店を選ぼうという内容でした。

番組のスタートはこの路地から



ランキングTOP5は?

番組では以下の5つの飲食店が「金沢市民がオススメする飲食店」として紹介されました。テレビや雑誌で紹介されるこの手のランキングでは本当かな?と思えるものもありますが、今回のランキングはある程度は納得できるものでした。

第1位 魚がし食堂 (海鮮丼/中央卸売市場前)
第2位 金澤おでん赤玉本店 (おでん/片町)
第3位 のど黒めし本舗 いたる (居酒屋/片町)
第4位 グリルオーツカ (洋食/片町)
第5位 自由軒 (洋食/ひがし茶屋街)

海鮮系・洋食系・おでん

魚がし食堂

金沢の人だけではなく“金沢通”を自認する県外の方からも名前が挙がる海鮮丼のお店です。金沢駅と金沢港の間に位置する金沢市中央卸売市場の前にお店があります。今年の4月に金沢駅Rinto店がオープンしました。

金沢駅の魚がし食堂はRintoの一番奥
Rinto店のラストオーダーは20時15分

金澤おでん赤玉本店

片町のスクランブル交差点に面する金沢おでんの老舗です。おでんに“金沢”と付いていますが、基本的には全国各地で食されている「おでん」です。ただ、車麩、ばい貝、カニ面などのおでん種があるのが特徴です。

赤玉本店は片町のスクランブル交差点近く

のど黒めし本舗 いたる

片町の裏通りに位置し、開店前から若い観光客の人たちが順番を待っています。番組で紹介された「のどぐろ飯」のメニュー化が8年前ということからもわかるとおり、元々は居酒屋として知られていました。

いたるは片町のメインストリートの裏道に

グリルオーツカ

3位の「いたる」からさらに路地を入ったところにあります。このお店の看板メニューはオムライスの親戚のような「ハントンライス」で、金沢では、高校時代に土曜日のランチとして利用した人がたくさんいます。

少し奥まったところにある街の洋食屋さん

自由軒

ひがし茶屋街の入口にある洋食屋さん。創業は明治42年(1909年)で、ひがし茶屋街が「東の廓」と呼ばれていた頃は、モダンなビルジングに旦那衆や芸妓さんが訪れたと聞きます。今もご近所の人たちに親しまれています。

自由軒はひがし茶屋街の入口に

お客様は1日1組限定です
金沢旅行での観光ガイドを承ります

出演者が1位のお店を予想

番組では金沢市民=740人が選んだ5つの飲食店を紹介した後に、出演者の皆さんが、金沢市民がお薦めしたいと回答した飲食店の第1位を予想し、最下位の人が自腹を切るという展開が待っていました。

出演者の皆さんが「このお店が1位」だと予想したお店は以下のとおりでした。

加藤浩次さん=グリルオーツカ
小泉孝太郎さん=自由軒
大久保佳代子さん&堀田茜さん=いたる

第5位のお店を選んだ小泉さんが飲食代=31,353円を支払っていましたが、私は小泉さんが自腹を切るのだろうと思いながら番組を見ていました。と言うのは、自由軒には初めから不利な背景があるからです。

結果発表のロケ地は犀川大橋の袂

自由軒が5位の理由は立地

ひがし茶屋街にある自由軒が5位だった理由は立地でしょう。基本的に金沢の人はひがし茶屋街に行きません。東京の人が浅草に行かないのと同じです。つまり、金沢でも自由軒を知らない人がいっぱいいるわけです。

上位の5つに入った飲食店の3つが片町のお店です。犀川沿いに位置する片町は金沢で一番のグルメタウンで、金沢で唯一のナイトタウンです。一方、自由軒のあるひがし茶屋街は浅野川流域にあります。

金沢は街の中心に広大な敷地の金沢城があることで、お城の北 (浅野川エリア)に住んでいる人と、お城の南 (犀川エリア)に住んでいる人が交流することは少なく、目に見えない対抗心のようなものが存在しています。

そして、浅野川の北側よりも犀川の南側に住んでいる人の方が圧倒的に多いことから、必然的に、浅野川に近いひがし茶屋街のお店への票数が少なくなったのです。小泉孝太郎さんには不運としか言いようがありません。

いたるの通りから路地に入るとオーツカ

金沢は都市型テーマパーク!

トップページの観光メニューへ

お客様だけの観光プランで
金沢旅行での観光ガイドを承ります

魚がし食堂が1位なのも納得

1位に輝いた「魚がし食堂」の所在地は犀川エリアでも浅野川エリアでもなく、犀川と浅野川の間に位置しています。このことから、今回のランキングで第1位に輝いた理由は立地ではないのだと推測できますよね。

実は、金沢の人は近江町市場で海鮮丼を食べることはありません。値段が高いからです。普通に市民生活を送っている人からすると、ランチで2,000円も3,000円も出せないですよね。

ただ、海鮮丼は食べないと言っても近江町市場には行きます。そして、海鮮丼のお店に並んでいる観光客の方々を目にするのですが、行列を見た金沢の人は「もっと良いお店があるのに」と思いながら通り過ぎていきます。

このことから、魚がし食堂が「地元民が一番オススメするお店」になったのです。ちなみに、魚がし食堂は金沢駅の西口 (金沢港口) からタクシーで1,000円ほどで、歩くのが苦にならない人なら歩ける距離です。

ひがし茶屋街

Kanazawa Topics

主要な観光名所は8つ+金沢駅



ご旅行前に知りたい情報は?

金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は800円です。路線バスの210円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

このサイトのトップページへ

金沢観光の-MENU-になります

時間を買う感覚でご活用を
金沢旅行での観光ガイドを承ります

-テレビのロケ地