金沢での新型コロナの現状-2020.2.27現在

NO IMAGE

2月27日現在で石川県内の感染者は4人

全国で新型コロナウィルスの勢いがさらに増してきていますね。金沢でも、2月21日(金)に最初の感染者が判明しました。その後、22日(日)に1名、24日(月)に2名の感染が分かり、2月27日(木)の15時現在で4名の感染が確認されています。

このサイトでは、2月16日(日)に新型コロナに関する金沢の現状をお知らせいたしました。現状と言いましても、医学的根拠や統計学的な根拠があるものではなく、私が街を歩いて感じる現状のみのレポートでした。

私の個人的な意見を極力控えた面白みのない文面にもかかわらず、現在、当サイトで最も多くのアクセス数を記録しています。

金沢旅行を予定されている方においては、催行か断念かを決める上で少しでも多くの情報が欲しいのだと思いましたので、再度、新型コロナウィルスに関する現状をお知らせいたします。

21日(金)に判明した感染者は石川県職員の男性でした。勤務先は石川県庁の本庁ではなく、本庁の裏手にある石川県地場産業振興センターです。大都市圏とは違い地方都市ではマイカー通勤が主流です。この男性もマイカー通勤でした。

北國新聞の記事によると、この方は12日(水)~14日(金)にかけて東京に出張していました。交通手段は小松~羽田の空路でした。都内での出張を終えた14日(金)の夕方に職場に立ち寄った後、金沢市内の自宅に帰宅。

16日(日)から発熱などの症状が続き、県内の5つの医療機関を受診。16日以降は仕事を休み医療機関のみに外出していました。

金沢で2人目の感染者となったのは、最初の感染者の中学生の息子さんです。3連休中の22日(土)に感染が判明しました。このことから、息子さんが通う金沢市立野田中学校では連休明けの25日(火)から3月5日まで臨時休校となりました。

ちなみに、中学生の息子さん以外の家族については検査で陰性だったとのことです。

24日(月)に2名の感染が判明しました。そのうちの1人は最初の感染者が受診した医療機関に勤めている女性です。もう1名は60代の男性で、最初の感染者とは接点がありませんでした。

この60代の男性は、2月上旬に石川県内で中国からの渡航者と面談した他、10日~15日にはフランスに出張し、中国からの渡航者との接触がありました。

帰国後の16日(日)に38度台の発熱とのどの痛みを発症し、17日(月)に2つの医療機関を受診しました。

症状が回復したため20日(木)にいったん出勤しましたが、翌21日は自宅で過ごしました。そして、22日(土)と23日(日)に別の2つの医療機関を受診したところ肺炎と診断され、24日(月)の検査で陽性が判明しました。

60代の男性は能美市の会社に勤めている方です。能美市は、特急列車の停車駅で言うと金沢と小松の間にある市で、位置関係をご説明すると金沢市~野々市市~白山市~能美市~小松市となります。

さて、テレビの全国ネットでは、PCR検査を受けたくても受けられない人が大勢いるという問題点が指摘されています。地元メディアによると、石川県も同様の傾向にあるとのことです。

理由のひとつとして、石川県内ではPCR検査の検査機器が2台しかないことが挙げられていました。2月27日付の北國新聞によると、24日現在までの検査件数は30人分にとどまっています。

谷本知事へ。観光従事者へのPCRサンプリング検査を

感染源は本当に東京とフランスだったのか

今、私が心配していることは、最初に感染が判明した県職員の男性が本当に東京で感染したのかということです。

12日~14日に東京に出張し、発熱が出たのが16日とのこと。私には、新型コロナウィルスは感染から4日ほどで発症する病原体なのだろうかという懸念があります。

また、11日から15日までフランスに出張していた60代の男性は、帰国した次の日の16日に発熱しています。ひとりの石川県民としては、フランスで中国人から感染したのだと思いたいのですが、この方も発症までの期間が短いことが気になります。

もし、金沢をはじめとする石川県内で感染したのであれば一大事です。

石川県知事、金沢市長および各自治体の職員の方には、中央に気を遣うことなく、ルールに縛られることなくことを事を進めてほしいと願っています。

以上が、石川県内の新型コロナウィルスについての、2月27日時点での現状です。金沢旅行の可否の決定に際して、参考になる部分がありましたら参考にしてください。

追伸

この記事をアップした直後に、石川県で5人目の感染者が出ました。

50代の男性で、記事にある60代の男性の同僚です。50代の男性の方は東京支社勤務で、24日(月)に帰県していました。60代の男性とはフランス出張に同行していました。なお、フランスへの同行者が12名おり、石川県ではPCR検査を依頼したとのことです。

関連記事

谷本知事へ。観光従事者へのPCRサンプリング検査を