街の話題-topics-

出遅れた2020年の金沢はやっとスタートラインに

2020年6月23日

2020.6.23掲載

県をまたぐ移動の自粛が解除されましたね。6月19日の解除を受けて、金沢ではようやく街が平常営業に戻りつつあります。6月20日(土)付けの北國新聞に、金沢中央観光案内所がプレオープンしたという記事が掲載されていました。

この観光案内所は、金沢を代表するビジネス街・南町オープンした施設で、金沢ニューグランドホテルの1階にあった新生銀行の跡地に石川県と金沢市が整備したものです。独創的な神門で知られる尾山神社の向かい側に位置しています。

観光案内所は尾山神社の向かい側



傘や車イスを無料貸し出し

現在はプレオープンですが、尾山神社と金沢城公園の玉泉院丸庭園を結ぶ鼠多門橋が開通する7月18日に本格的にオープンの予定です。

案内所では、外国人観光客に対応するため英語を話すスタッフが常駐し、多言語による観光案内を行う他、当日の宿泊施設の予約や、外国人に需要があるスマートフォンの「SIMカード」の販売などを行います。

日本人の方も利用可能で、観光案内所の公式サイトによると、石川県内の観光案内・イベント情報の提供、Wi-Fi、傘の無料貸出、車イス貸出、長靴貸出、金沢市近郊宿泊施設への手荷物配送サービスなどを行うとのことです。雨具が貸し出されるのは、雨の多い金沢らしいサービスです。

プレオープン初日の19日は、観光パンフレットを求める地元住民らが訪れましたが、観光客はほとんどおらず人影はまばらだったと紙面では記されていました。

なお、金沢中央観光案内所は年中無休で、プレオープン期間中は午前10時~午後6時、本格的にオープンする7月18日からは午前10時~午後9時の営業となります。

尾山神社と金沢城を結ぶ鼠多門橋

お客様だけの観光プランで
金沢旅行での観光ガイドを承ります

2020年は金沢が飛躍を期した年でした

2020年は石川県と金沢市にとって飛躍を期した年でした。7月の東京オリンピック前に、いくつもの施設がオープンを予定していました。

前述の金沢中央観光案内所が開設を予定していた4月には、金沢港にクルーズターミナルが華々しくオープンし、10月までに50本を超えるクルーズ船の入港が予定されていましたが、新型コロナウィルスの影響により現時点で寄港予定は出ていません。

また、6月1日には金沢駅西口に、金沢で初めての外資系ホテルであるハイアット・セントリックがオープンを予定していた他、7月のオリンピック開幕の直前には、金沢城公園と尾山神社を結ぶ鼠多門橋が開通し、日本海側で初めての国立ミュージアムである国立工芸館が開館する予定でした。

結局、金沢港クルーズターミナルは6月1日、金沢中央観光案内所は6月19日にオープンとなり、鼠多門橋の開通が7月18日、ハイアット・セントリックの開業が8月1日となりました。国立工芸館については、10月の開館を予定しています。

金沢港クルーズターミナル

金沢は都市型テーマパーク!

トップページの観光メニューへ

行程はオーダーメイドです
金沢旅行での観光ガイドを承ります

どんな不運も考え方次第ですね

不慮の出来事ですから仕方がないと思うしかありませんね。1年間のリハーサル期間が与えられたとポジティブに考えることとしましょう。

ただ、地元行政の施策に難癖をつけるわけではありませんが、私は、東京オリンピックで外国人観光客が金沢に流れてくることはないと思っています。なぜなら、東京では毎日自国の選手が試合をしているからです。

昨年行われたラグビーのワールドカップでは、金沢でも自国のジャージを着た外国人観光客の姿を目にしましたので、石川県や金沢市としては、オリンピックならもっと大勢の外国人が訪れると思っているのかもしれません。

次のオリンピックはパリです。そして、偶然にも次のラグビー・ワールドカップもフランスで開催されます。私はラグビーでしたらパリ以外の都市も訪れると思います。日本代表の試合は基本的に1週間に1試合ですし、試合会場もパリとは限りませんから、リヨンやマルセイユなどにも足を運ぶと思います。

しかし、オリンピックを見に行く場合は、ずっとパリに居続けて、パリだけを見て帰ってくると思います。パリでは、毎日、日本人選手が試合をしているのですから、今日は競泳、明日は柔道、その次の日は体操というように、日本人選手を応援するために毎日会場に足を運びます。

東京オリンピックを念頭に置いた皮算用については肩透かしを食うのではないかと思っていますが、2025年の大阪万博については、スポーツのようなライブイベントではありませんし、6か月間にわたって開催されるわけですから、大いに期待できるのではないでしょうか。

国立工芸館は10月開館予定

Kanazawa Topics

主要な観光名所は8つ+金沢駅

ご旅行前に知りたい情報は?

金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は800円です。路線バスの210円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

金沢観光の-MENU-になります

このサイトのトップページへ

時間を買う感覚でご活用を
金沢旅行での観光ガイドを承ります

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

金沢観光ガイド 南 武志

観光客の方が「ひがし茶屋街」の最寄りのバス停に並ばれているのを見て、兼六園も近江町市場も歩いて10分なのに…と思ったことが、このサイトをはじめたキッカケでした。 金沢の街は歩いて回れます。自分だけの観光プランで城下町・金沢を満喫してください。

-街の話題-topics-