玉泉院丸庭園-金沢城公園に復元された庭園美

観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ

玉泉院丸庭園 (ぎょくせんいんまる)

金沢城公園の見どころ vol.7

金沢城が観光名所となったのは21世紀に入ってからです。

1996年(平成8年)に石川県が国から所有権を取得したことが契機となって、「菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓」をはじめ、明治時代に失われた施設が次々と復元されました。

このページでご紹介する玉泉院丸庭園も復元された施設のひとつです。2013年5月に工事に着手し、北陸新幹線の開業に合わせて2015年3月から一般公開されています。

兼六園よりも前に作庭された玉泉院丸庭園

この庭園は、織田信長の四女で、2代加賀藩主の前田利長の正室であった玉泉院(永姫)の屋敷跡に、3代藩主の前田利常が作庭した庭園です。

2代・利長と3代・利常は親子ではなく兄弟でしたので、義理の姉の屋敷跡に作庭したことになります。

様式としては池の周りを緑が囲む池泉回遊式庭園で、池には一の島、二の島、三の島という3つの浮島があり、木橋、石橋、土橋を合わせて5つの橋で結ばれています。

橋の中でも最も豪華な木橋が玉泉院丸庭園での最高の撮影ポイントです。

近くに見える木橋、遠くに見える木橋、同じ高さから眺める木橋、高台から見下ろす木橋と、眺める位置や角度によって、池の主役にもなれば庭園全体の脇役にもなり、色々な趣きを感じることができます。

玉泉院丸庭園の中心に位置する木橋

金沢城公園が3分でわかる画像集




公衆トイレが百貨店並みの綺麗さ

玉泉院丸庭園には「玉泉庵」と名付けられたお茶室が設けられています。抹茶とオリジナル生菓子のセットが720円です。お茶室から庭園を眺めながら、しばらく休憩されるのもいいでしょう。

また、玉泉庵の近くにある公衆トイレは、完成したばかりということもあってデパート並みに綺麗です。

茶室・玉泉庵で抹茶と和菓子を味わいながら庭園鑑賞

金沢城公園の見どころ vol.10
いもり堀は金沢城公園で復元された第2のお堀


かつてこの場所には石川県立体育館がありました。また、玉泉院丸庭園から近い「いもり堀」には兼六園コートというテニスコートが設けられていました。

歴史的な庭園やお堀の上にスポーツ施設を作ったわけですが、今にして思えばひどいことをしたものです。

唐傘

この庭園のすぐ近くには金沢城公園への入場口のひとつである玉泉院丸口があります。

尾山神社をはじめ、長町武家屋敷跡、香林坊、金沢21世紀美術館、しいのき迎賓館などから金沢城公園へ行かれる場合は玉泉院丸口から入場されると便利です。

そして、玉泉院丸庭園から二の丸、三の丸を経由して、石川門から兼六園へと向かうのが効率的です。

舟小屋(手前)と茶室・玉泉庵

金沢旅行での観光ガイドを承ります



庭園内の橋を渡れないのは疑問

江戸時代末期の詳細な絵図を元に綺麗に復元された玉泉院丸庭園は、池に3つの島が浮かび、5つの橋で結ばれているところがメインの景観なのですが、残念ながら橋を渡って浮島に行くことはできません。

公園の管理者サイドとしては、浮島の芝や木々を守ることと、来園者が橋から池に落ちる危険性を考慮してのことだと思うのですが、ちょっとお役所的な考えだと言わざるを得ません。

兼六園にも多くの橋が架かっていますが、来園者は普通に橋を渡ることができます。

日本庭園では橋を渡ることも楽しみのひとつですし、橋の上からの景観は最高の撮影スポットです。また、橋の上に立ってVサインをしながらの記念写真は思い出の1ページとなるものです。

橋を渡ることも日本庭園の楽しさだと思うのですが

庭園には2つの楽しみ方があります。ひとつは水辺に架かった橋を渡ることで、もう一つは誰もいない庭園を静かに眺めることです。

風景写真を撮影したい方からすると、橋や浮島に人がたくさんいると庭園美が台無しになってしまうのかもしれませんが、それならば時間を区切ってもいいわけです。

例えば開園から午後2時までは橋を渡ることを禁止して庭園美を眺めてもらい、午後2時から閉園までは自由に橋を渡って、橋の上や浮島からさらなる景観を楽しんでもらうという設定もできるはずです。

そのようにすれば、観光で訪れる方にもっと楽しんでもらえるのにと思います。

緑と浮島のコントラスト

NEXT – 大手堀-江戸時代の金沢城の風景を残す散歩道


Kanazawa Castle
金沢城公園
金沢城公園コーナーのトップページへ

金沢城公園が3分でわかる画像集

金沢城公園への行き方


金沢城公園の周辺にある「お立ち寄り」スポット
兼六園 | 金沢21世紀美術館尾山神社 | 尾崎神社 | 寺島蔵人邸


金沢を観光してみたいかも」