テレビのロケ地

吉永小百合さん主演映画の金沢ロケが終了

2020年12月14日

テレビ番組のロケ地#19-1

2020,12.14掲載

今年の金沢は全国の地方都市と同様に新型コロナに振り回された1年でした。個人的には、浜辺美波さん主演の金沢を舞台としたドラマ『私たちはどうかしている』の金沢ロケの多くが、感染拡大により中止されたことが残念でした。

わりとミーハーな私にとって、来年のお楽しみのひとつが、金沢を舞台とする吉永小百合さん主演の映画『いのちの停車場』です。

この映画は、東京の大学病院で救急救命医として勤務していたベテラン女医が、救急患者の家族からのクレームの責任を取って退職を余儀なくされ、故郷の金沢に戻って訪問医療に携わるというストーリーです。

主人公が新たな人生の第一歩を記す金沢駅

コロナ禍の中で金沢ロケが無事終了

2020年12月13日付の北國新聞に、映画の金沢ロケが終了したという記事が掲載されていました。

記事によると、吉永さんは金沢駅前で東京から帰郷するシーンの撮影に臨みました。吉永さんがキャリーケースを手に駅舎から歩いてくる場面では、自身のテスト映像をじっと見つめた吉永さんの表情が笑顔に変わり、監督と話し合った後の本番では一発okとなりました。

吉永さん演じる主人公は、金沢で「まほろば診療所」の在宅医師となり、戸惑いながらも患者や家族と向き合い寄り添っていきます。

診療所の訪問看護師役の広瀬すずさんは、せせらぎ通りの鞍月用水沿いを自転車で駆け抜けるシーンなどを爽やかに演じました。主人公の実家に見立てた犀川近くの民家周辺やW坂、浅野川沿いの並木町では、吉永さんと父親役の田中泯さんが円熟の演技を見せました。

桜橋沿いにあるW坂は隠れたお奨めスポット

主計町茶屋街の暗がり坂付近、にし茶屋街、兼六園周辺でも四季折々の設定で撮影が行われました。

コロナ禍により金沢ロケは当初の予定より短縮して行われたものの、成島監督は「天気にも恵まれ、金沢の空気を感じながら撮影できた。古い町並みが残り、どこからか三味線や笛の音が響いてくる。金沢の色々な風景を映画に登場させたい」と語りました。

映画は現役医師で作家の南杏子さんの同名小説が原作で、松坂桃李さん、西田敏行さん、石田ゆり子さんら豪華キャストが出演します。2021年5月の公開予定です。

原作に出てくるバーは暗がり坂の真下に

金沢観光の-MENU-になります

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります




原作者の南杏子さんは内科医

吉永小百合さんが金沢を舞台とした映画に主演するというニュースは、夏頃から石川県のメディアで大きく報じられてきました。

現在、金沢ロケの真っ最中です!というニュースは目にしませんでしたので、ロケが終了するまで報道を自粛していたのかもしれませんね。ロケを告知すると見物人が押し寄せて密になるという配慮がなされたのかもしれません。

私は日本映画はほとんど見ないのですが、この作品はぜひ見たいと思っています。

せせらぎ通りでは広瀬すずさんが自転車走行

原作者の南杏子さんは徳島県のご出身で、現在は東京で内科医をされています。wikipediaでご本人のプロフィールを拝見しましたが、金沢には特段の所縁(ゆかり)はないようです。

所縁がないにもかかわらず、金沢市内の景観の描写をはじめ、市民性や風習などをかなり正確に記されており、細かな取材をされたことが伺えます。小説の主人公の故郷に金沢を選んでいただいたことに感謝したい気持ちです。

小説ではこのあたりから自宅を眺めます

金沢は主人公の故郷にしやすいのかも

この10年ほどの間に、ドラマや映画では「主人公の故郷が金沢」という設定が増えてきたように思えます。記憶に新しいところでは、あの半沢直樹は金沢の出身です。ドラマ『99.9』の主人公・深山大翔も金沢が故郷です。

ドラマや映画では、舞台設定を金沢にしやすいのかもしれませんね。ちなみに、前述の『私たちはどうかしている』の原作者の安藤なつみさんも、金沢との特別なご縁はないようです。

この他には、ドラマ『ドクターXスペシャル』では、金沢のクロス医療センターという架空の医療機関が舞台となりました。

また、来年の1月7日に放送されるドラマ『黒革の手帖~拐帯行~』では、3年の刑期を終えた主人公の原口元子(武井咲さん)が東京にいずらくなり、金沢に流れ着くという設定になっています。

太平洋側の人たちから見ると、金沢という地名に何となくミステリアスな雰囲気を感じるのかもしれませんね。

主人公が父親と会食するお店は梅ノ橋の袂に

テレビ番組のロケ地-topics-

金沢ロケの番組一覧へ

Kanazawa Topics
金沢駅-topics- | 兼六園-topics- | 金沢城公園-topics- | ひがし茶屋街-topics- | にし茶屋街-topics- | 主計町茶屋街-topics- | 長町武家屋敷跡-topics- | 金沢21世紀美術館-topics- | 近江町市場-topics- | 美術館・記念館-topics- | 神社仏閣-topics- | 旧家庭園-topics- | お散歩コース-topics- | 繁華街-topics- | 郊外-topics- | テレビ番組のロケ地-topics- | 街の話題-topics- | 金沢の現状への提言

主要な観光名所+金沢駅
金沢駅 | 兼六園 | 金沢城公園 | ひがし茶屋街 | にし茶屋街 | 主計町茶屋街 | 長町武家屋敷跡 | 金沢21世紀美術館 | 近江町市場


金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は600円です。路線バスの200円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

人気スポット+城下町の隠し味

金沢を観光してみたいかもhome

金沢旅行での観光ガイドを承ります



-テレビのロケ地