石浦神社の参道に101基の赤い鳥居がお目見え

街中できた新たなアクセサリー

2019.11.30掲載

兼六園と金沢21世紀美術館それぞれの向かい側に位置する石浦神社の参道に、朱に塗られた新しい鳥居が建立されました。

今回建立された「奉納永代鳥居」は、石浦神社が新天皇の即位を祝し、奉祝・令和元年記念事業として建立したもので、土台を含めて高さ2m少々の鳥居がびっしりと並びました。

石浦神社の職員の方によると、建立されたのは11月中旬で、101基の鳥居が設置されました。

職員の方に101という数字の由来を聞いたところ、「100はひとつの区切りの数字であることから、新しい時代の幕開けという意味で101基を建立しました」とおっしゃっていました。

また、神社の透塀の上に掲げられている案内板によると、鳥居は古式にのっとった木造づくりの鳥居だとのことです。

赤い鳥居は兼六園側からはよく目立ちます



石浦神社は金沢のアクセサリーのひとつ

石浦神社は金沢で最も古い神社で、公式サイトには古墳時代の西暦547年に草創されたと記されています。

室町時代までは、現在の長町武家屋敷跡のあたりに本殿があり、その後、ひがし茶屋街の先の卯辰山観音院に移転し、江戸時代になって現在の地に鎮座されました。

石浦神社は、兼六園の真弓坂口から広坂交差点の信号を渡った向い側に位置しています。兼六園に隣接しているわけですから金沢の中心部になります。

2004年に金沢21世紀美術館が広坂交差点の一角にオープンしたことで、兼六園から21美へと移動される観光客の方の通り道となりました。中でも欧米から訪れる人たちの多くが境内を覗き込んでいきます。

金沢21世紀美術館側から見た石浦神社

金沢の観光エリアには、規模は小さいのですが、由緒ある神社がいくつも見られます

石浦神社もそのひとつで、境内から石川県立美術館の広坂別館へと通じる赤い透塀の参道は、地元では、若いカップルや親子連れのお散歩コースとして親しまれてきました。

ただ、これまでは赤い透塀が大人の膝丈くらいの高さしかなく、はじめて訪れる方が気付きにくいこともあって、参道を歩く観光客を見かけることはあまりありませんでした。

今回建立された鳥居は、交差点の兼六園側からよく目立ちますので、金沢の小さな思い出として歩かれる方が増えるのではないでしょうか。

蛇行しながら並ぶ鳥居は秘密の通路のよう

また、境内には休憩用の椅子が置かれています。ドリンクの自動販売機と灰皿もありますので、アップダウンのきつい兼六園の砂利道を歩き疲れた方は、ちょっと一休みされるのもお奨めです。

特に愛煙家の方は、金沢の観光エリアでは灰皿を見つけるのに苦労するかと思いますので、どうぞ石浦神社で一服してください。

歩き疲れた方は石浦神社でひと休み

関連記事
石浦神社-兼六園の隣に佇む金沢最古の神社


Shrine
金沢の神社仏閣

神社仏閣コーナーのトップへ

Kanazawa Topics
兼六園-topics- | 金沢城公園-topics- | ひがし茶屋街-topics- | にし茶屋街-topics- | 主計町茶屋街-topics- | 長町武家屋敷跡-topics- | 金沢21世紀美術館-topics- | 近江町市場-topics- | 美術館・記念館-topics- | 神社仏閣-topics- | 旧家庭園-topics- | お散歩コース-topics- | 繁華街-topics- | 郊外-topics- | テレビ番組のロケ地-topics- | 街の話題-topics- | 金沢の現状への提言


こちらが金沢観光のメニューになります
金沢を観光してみたいかも-HOME-

金沢について効率的に調べたい方へ

地図を見て予定を立てたい方は金沢観光マップ
知りたい情報からご覧ください
観光
名所
文化
施設
アク
セス
楽し
み方
ショ
ップ
あなただけの観光プランを満喫金沢観光ガイド


「金沢を観光してみたいかも」