バス移動の方は北鉄バス「1日フリー乗車券」を

観光で金沢を訪れる方の多くが、金沢駅からバスに乗って観光名所へと向かいます。市内の観光エリアに行く際のバスターミナルは東口(兼六園口)を出て左手にあります。

まず、金沢の街をバスで移動される方は、北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」を買われるといいでしょう。金沢駅のバスターミナルの前にある交通案内所でお買い求めいただくことができます。料金は500円です。

1日フリー乗車券は、市民が利用する路線バスの200円区間と、観光客向けで200円均一運賃の「城下まち金沢周遊バス」「兼六園シャトル」を何度でも利用できる乗車券です。運賃が200円ですから、3回乗ると元が取れる計算になります。

ただし、JRの路線バス、まちバス、金沢ふらっとバスで利用することはできませんのでご注意ください。

交通案内所

金沢駅からバスに乗られる方は、以下の7つの停留所のいずれかが目的地です。


武蔵ヶ辻・近江町市場近江町市場の前に停車します。


南町・尾山神社尾山神社まで徒歩2~3分です。


香林坊兼六園金沢21世紀美術館金沢城公園長町武家屋敷跡まで徒歩3~7分です。


広坂・21世紀美術館…金沢21世紀美術館と兼六園の真弓坂口まで徒歩2分です。


兼六園下・金沢城…兼六園の桂坂口と金沢城公園の石川門が至近距離です。


橋場町主計町茶屋街まで徒歩1分、ひがし茶屋街まで徒歩4分です。


広小路にし茶屋街と忍者寺まで徒歩3分です。

<金沢の観光エリアのバス路線>

北陸鉄道バスのホームページへ

金沢の人は香林坊から兼六園へ歩きます

金沢駅東口のバス乗り場の手前には観光名所ごとの発車時刻が表示されています。

駅に設置されている掲示板には、「兼六園」「ひがし茶屋街」「にし茶屋街」「近江町市場」「香林坊」「金沢21世紀美術館」へ行かれる際の、直近の2便の発車時刻が記されています。

案内板では、初めて金沢を訪れる方がバスを降りてから迷うことのないように、ピンポイントで行ける降車バス停を表示していますが、香林坊からは兼六園へも金沢城公園へも21美へも歩いて5~7分ほどです。

観光名所別のバス案内ボード

ちなみに、私が金沢駅から兼六園や21美にバスで行く場合は、最初に香林坊に停車するバスに飛び乗って、香林坊から歩きます。

金沢駅東口から出る路線バスのほぼ全てが始発で、ほぼ全てのバスが「武蔵ヶ辻・近江町市場」に停車します。そして、「武蔵ヶ辻・近江町市場」に到着するバスの大多数が香林坊方面に向かいます。

香林坊方面の乗り場は4つあります

さて、金沢駅東口には1番から11番までの乗り場があります。その中で「4番のりば」と「5番のりば」はJRバスの乗り場で、残りが北陸鉄道バスの乗り場です。

以下に、北鉄バスのサイトに掲載されている、主要停留所への乗り場をご案内します。


武蔵ヶ辻・近江町市場、香林坊3・8〜10番のりば全てのバス


広坂・21世紀美術館=3・6番のりば全てのバス(快速を除く)


兼六園下・金沢城=6・7番のりば全てのバス(柳橋ゆき・快速を除く)


橋場町7番のりば全てのバス


広小路=8〜10番のりば全てのバス


※北陸鉄道バス「市内主要停留所のりば案内」より

ひがし茶屋街から金沢観光をはじめたいとお考えの方は、7番のりばでお待ちください。

ひがし茶屋街へは7番のりばから

香林坊方面のバスに比べて、ひがし茶屋街の最寄りの停留所である「橋場町」へ行くバスは本数が少ないので、7番のりばの前には常に行列ができています。

また、橋場町へはJRバスでも行くことができます。北鉄バスに比べて利用者が少ないので、手荷物の多い方はJRバスを利用されるのもいいでしょう。

JRバスでひがし茶屋街に行くには4番のりばから

金沢駅からは「兼六園シャトル」が安心です

日帰りの方や、金沢駅の周辺に宿泊の方で、金沢駅からバスに乗る予定の方は、まずは兼六園まで行かれるのがいいと思います。

兼六園は金沢駅から一番遠い観光名所です。金沢は初めてという方には、最初に一番遠いところに行って、駅に向かって戻ってくるルートの方が気が楽だと思います。

金沢駅から兼六園へ行かれる方の多くが利用するバスが「兼六園シャトル」です。このバスは金沢駅と兼六園をピストン運行しているバスで、「武蔵ヶ辻・近江町市場」「南町・尾山神社」「香林坊」といった主要なバス停に停車します。

兼六園シャトルは始発が午前9時30分で、6番のりばから20分間隔で出ています。

金沢観光のスタートは兼六園シャトルがお奨めです

前述のとおり、金沢に土地勘のある方でしたら、始発から満員状態になる「兼六園シャトル」よりも、確実に座れる香林坊方面のバスに乗るのがいいのですが、初めての金沢で不安という方は兼六園シャトルをお待ちになるといいでしょう。

なお、金沢駅東口からは「城下まち金沢周遊バス」も出ていますが、金沢の観光エリアをぐる~りと一回りしますので、兼六園へ行くには遠回りになります。

金沢駅東口のバスターミナル

北陸鉄道バスのホームページへ

金沢シンプルマップ-金沢の街は歩いて移動できます