石川門-元々は裏門でしたが今ではメインの入場口です

Kanazawa-Castle

加賀百万石の栄華を偲ばせる広大な敷地

金沢城公園は兼六園の桂坂口から石川橋を渡った向かい側に位置しています。そして、石川橋の先にある石川門の “一の門” をくぐり “二の門” を抜けると、目の前に広大な敷地が広がります。

城下町からお越しの方でしたら、地元のお城と似た作りだなと感じるのではないでしょうか。一の門を抜けると直角に二の門があるという構造は、基本的にどのお城でも同じようですね。

兼六園と直結している石川門は、兼六園とともに金沢の象徴として、テレビや雑誌で数多く紹介されてきました。

金沢城には重要文化財が3つあります

石川門

石川門

金沢城には天守閣がありません。その昔には五層建ての立派な天守閣が存在していたらしいのですが、何分にも日本で最も降雨日が多く、冬には雷鳴がとどろく土地ですので、1602年(慶長7年)に落雷で焼失してしまいました。

初代藩主の前田利家が築いた立派な天守閣が焼失した後は小さな天守閣だったようです。徳川幕府の初期の加賀藩は最大の外様大名として幕府に睨まれる存在でしたので、落雷で焼失した後には小さな3階建ての櫓(やぐら)が建てられました。

左から橋爪門続櫓・五十間長屋・菱櫓

金沢城は市民にとって長い間の “聖域” でした

今では金沢を代表する観光名所のひとつとなった金沢城公園ですが、金沢城の城内は21世紀を迎えるまで一般市民の目に触れることはありませんでした。

明治維新後の1871年(明治4年)から終戦まで金沢城は帝国陸軍が管轄し、1949年(昭和24年)から1995年(平成7年)にかけては金沢大学のキャンパスが置かれていました。

藩政期の前田家からはじまり帝国陸軍、金沢大学と所有者が移り変わっていく中で、金沢の人たちにとっての金沢城とは、特別の人たちのみが入城することを許された “聖域” でした。

石垣回廊という散策コースが設けられています(内堀)

今日、金沢市民の前にお披露目された金沢城は見事に復元されています。熟練した職人たちが柱に釘を1本も使うことなく復元しました。

中でも三の丸広場から眺める「菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓」は壮観で、金沢城公園で最も人気の高い撮影スポットとなっています。ただし、横長の施設ですので撮影しずらいのが難点です。

三の丸広場から橋爪門を抜けて二の丸広場に入り、二の丸広場から極楽橋を渡ると、かつて天守閣が置かれた本丸園地への上り坂があります。そして、本丸園地の櫓台跡の眺望台からは金沢城の全景や金沢市内が一望できます。

本丸園地-金沢城の本丸跡は自然の雑木林

本丸跡地付近からの眺め

戌亥櫓跡からの眺め

不器用なまでに歴史に忠実です

金沢大学の移転後の1996年(平成8年)から復元工事が開始された金沢城公園は、新しいだけあって園内にはトイレが多く設置されています。公衆トイレにしてはとても綺麗です。

史跡を忠実に再現するという運営方針を採っていることから、これまでは城内に飲食店を設けていなかったのですが、2017年4月に鶴の丸休憩館がオープンし、五十間長屋を眺めながら金沢の和菓子を味わえる和風カフェが併設されました。

鶴の丸休憩館

金沢城公園は入園無料ですが、メインの建物である菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓だけは入場料が掛かります。大人(18歳以上)が310円、小人(6歳~18歳未満)が100円で、年間を通して16時が最終入館時間となっています。

その五十間長屋について一言。

はじめて金沢城公園を訪れる方は、五十間長屋にお殿様が暮らしていたのだと思われる方が多いようですが、実はこの建物は武器庫でした。

特に欧米からの観光客の方は、内部がどんなに素晴らしいのだろうと期待して五十間長屋に入って行くようですので、地元の人間としてはとても心苦しいのですが、元々が倉庫として建てられたものですので建物の中には何もありません。

ただし、警備用の櫓へと続く階段だけは、ある意味で楽しめるのではないかと思います。

“ある意味で” と申し上げたのは階段がとても急なのです。高所恐怖症の方はちょっと上れないくらいの急勾配です。お城の中でスリルを味わってみるのもいいでしょう。

それから、さすがにお城の警備用として建てられただけあって、櫓からの眺めは一見の価値ありです。

菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓は金沢城の象徴

橋爪門続櫓ヘの階段はご覧のような急傾斜です

橋爪門続櫓ヘの階段はご覧のような急傾斜です

金沢城は写真や詳細な見取り図が残っている施設のみが復元されています。現在の二の丸広場の場所にはお殿様が暮らした二の丸御殿があったのですが、復元に足るだけの資料が見つかっていないことから、残念ながら復元のめどは立っていません。

金沢城公園は開園時間が定められています。3月1日から10月15日までは7:00~18:00 、10月16日から2月末日までは8:00~17:00です。

玉泉院丸庭園-金沢城公園に復元された庭園美

玉泉院丸庭園

金沢城公園への行き方

金沢城公園ホームページ(石川県庁)


金沢城公園の周辺にある「観光してみたいかも」スポット

兼六園 | 金沢21世紀美術館尾山神社 | 尾崎神社 | 寺島蔵人邸


Kanazawa-Castle
News

金沢城公園は金沢の中心に位置しており、ひがし茶屋街や長町武家屋敷跡へも徒歩圏内です

金沢城公園で21世紀に復元された藩政期の姿