金沢城には重要文化財が3つあります

金沢城公園の見どころ#1

21世紀になって復元された金沢城公園は、今では兼六園とのセットで多くの人が訪れています。

石川県は年間降雨日が全国で最も多い県で、厳しい冬には落雷が多く発生することから、金沢城はこれまでに何度も落雷によって焼失してきました。藩政期には前田の殿様の号令でその都度再建されてきましたが、1881年(明治14年)に焼失した後は長く再建されない状態が続きました。

その明治時代の火災で焼け残ったのが石川門・三十間長屋(さんじゅっけんながや)・鶴丸倉庫(つるまるそうこ)の3つの施設です。

これらの施設は、石川門が1950年(昭和25年)に、三十間長屋が1957年(昭和32年)に、鶴丸倉庫が2008年(平成20年に)に国の重要文化財に指定されています。

中でも石川門は兼六園のすぐ向い側にあることから、金沢市民にとっては思い入れの大きい建造物です。石川門も過去に火災で焼失したことがあり、現在の石川門は1788年(天明8年)に再建されたものです。

石川門の「二の門」

金沢で生まれ育った人の中には、以前の私も含めて石川門が金沢城の正門であると勘違いしている人が結構いますが、江戸時代の石川門はお城の裏門にあたり、反対側の大手門が正門という位置付けでした。

確かに、言われてみると石川門は前田家のお庭である兼六園へと通じているわけですから、正門ではないというのもよく分かります。

私が子供の頃は、金沢の観光名所と言えば兼六園・石川門と長町武家屋敷跡しかなく、全国メディアで金沢が紹介される時には、必ずと言っていいほど石川門が金沢を象徴する建造物として映し出されたものです。

城内から見た石川門

金沢城公園が3分でわかる画像集




三十間長屋は春~秋の週末は一般開放

三十間長屋は1858年(安政5年)の建築で、金沢城では武器庫として活用されていました。三十間をメートルに直すと54~55mになります。実際には三十間ではなく26間半の長さとのことですので全長は約48mです。

三十間長屋

幕末に近い時期に建てられた施設ということで、お城の中心である二の丸、三の丸から少し離れたところに位置しています。

三十間長屋はお城の中心から外れていることで明治の大火災では焼失を免れました。その一方で、観光で訪れる方から見ると、この建物にたどり着くのに多少苦労されるかもしれませんね。

三十間長屋の内部は基本的に倉庫です

三十間長屋は雪が降らない季節の土曜・日曜日と祝日に内部が公開されています。武器庫ですので特別な装飾があるわけではなく内部はガランとしています。大切な武器が湿らないように、とても風通し良く造られているのが特徴です。

また、2階からは玉泉院丸庭園が一望できますので、撮影スポットのひとつとして予定を組まれるのもいいでしょう。

三十間長屋の2階から眺める玉泉院丸庭園

金沢観光の-MENU-になります

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります



鶴丸倉庫の周辺は絶好の撮影スポット

鶴丸倉庫は1848年(弘化5年/嘉永元年)に建てられた武具土蔵で、城郭内に残っている土蔵としては国内でも最大級の遺構です。

1858年に建てられた三十間長屋とともに、鶴丸倉庫も幕末に近い時期に建てられているのが興味深いところです。新しい時代のうねりを感じた加賀藩が武力を増強しようとしたのかもしれません。

この施設は2000年まで建設時期がはっきりせず、藩政期に建てられたとする説と、明治時代に帝国陸軍が建設したという説がありました。

国から石川県に所有権が移った1996年以降の遺構調査によって、工法や使用されている釘などの金具が和風であることから、藩政期に建設された施設であることが分かりました。

鶴丸倉庫

鶴丸倉庫という名前は、城内の鶴の丸に隣接していることにちなんだものと推測されていますが、建てられている場所が鶴の丸ではないことから、石川県のホームページでは「東の丸付段」に建てられていると記されています。

鶴の丸は、芳春院(前田利家夫人のおまつの方)がこの場所に白い鶴が舞い降りているのを見て、これは前田家が長く栄えていくという吉兆であるとして名付けられたものです。

金沢城公園にある撮影スポットの中でも、鶴丸倉庫の近辺から眺める五十間長屋は最高の景観です。また、鶴丸倉庫と三十間長屋を結ぶ坂道は若いカップルたちにとって絶好のお散歩コースとなっています。

余談ですが、現在の金沢城公園にある3つの重要文化財の建築年を見てみると、石川門(1788年)、三十間長屋(1858年)、鶴丸倉庫(1848年)といずれも西暦の下一桁が8の年に建てられています。

江戸時代には西暦の概念はなかったにもかかわらず、末広がりの「八」の年に建てられたのも歴史における奇遇と言えるかもしれませんね。

鶴丸倉庫への下り坂は若いカップルのデートコース

金沢城公園への行き方

金沢の地図が表示されない時は「リロード↺」

NEXT - 菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓は金沢城の象徴


金沢城公園の見どころ

金沢城公園への行き方

金沢城公園の周辺スポット
兼六園 | 西田家庭園玉泉園 | しいのき迎賓館 | 金沢能楽美術館 | 金沢21世紀美術館 | 石川四高記念文化交流館 | 香林坊 | 尾山神社


金沢城公園から他の観光名所へ
兼六園へ | 金沢21世紀美術館へ | 長町武家屋敷跡へ | 近江町市場へ | ひがし茶屋街へ | 主計町茶屋街へ

主要な観光名所は8つ+金沢駅
金沢駅 | 兼六園 | 金沢城公園 | ひがし茶屋街 | にし茶屋街 | 主計町茶屋街 | 長町武家屋敷跡 | 金沢21世紀美術館 | 近江町市場

金沢城公園が3分でわかる画像集

金沢城公園-topics-

金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は600円です。路線バスの200円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

人気スポット+城下町の隠し味

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります



2016年5月23日