金沢城公園-topics-

2023年の金沢のお花見vol.1~金沢城公園~

2023年3月31日

全国的に例年より早くお花見シーズンを迎えていますね。金沢も3月28日にはほぼ満開に近くなりました。例年ですと満開の頃に入学式となるのですが、今年は葉桜の入学式となりそうです。

それでは、2023年の桜が満開の金沢をご紹介しましょう。まず最初は金沢城公園の桜です。

河北門から内堀の桜並木を臨む



城内の桜スポットは内堀

金沢城公園で一番のお花見スポットは内堀です。内堀の桜並木は観光で訪れる方の導線から外れているため普段はほとんど人通りがないのですが、桜のシーズンだけは多くの花見客が歩いています。

かつては桜のトンネルだった内堀の桜並木は、5年ほど前に古い枝を切り落としたことから、しばらくは寂しげな並木道となっていましたが、新しい枝が少しずつ伸び、全盛期の景観に戻りつつあります。

城内で一番の桜スポットは内堀

観光名所+街歩き
金沢旅行での観光ガイドを承ります

金沢城のお花見スポットはお堀通り

金沢城公園の城内については、内堀沿いに桜並木があるものの、全体的に見ると桜の本数は多くありません。金沢城のお花見の見どころは城外の石垣を覆う桜並木です。

かつて、金沢城には大手堀、いもり堀、百間堀、白鳥堀の4つのお堀がありました。大手堀以外は埋め立てられ道路や遊歩道となり、今では1周2.1kmのお堀通りとして地元の人たちのお散歩コースとなっています。

金沢城公園と兼六園を結ぶ石川橋は、石川県内外からの多くの花見客で大混雑になっていますが、お堀通りにはあまり人通りがありません。金沢で一番のお花見スポットでゆっくりと桜を鑑賞してください。

金沢城と兼六園を結ぶ石川橋は大混雑

昔も今も金沢の桜は百間堀

実を言いますと、金沢には東京の千鳥ヶ淵のような全面ピンクとなる景観はあまりありません。街全体が「松」が主役みたいなところがあるからです。

その金沢で、金沢城公園と兼六園の間を走る百間堀 (ひゃっけんぼり)だけは素晴らしいお花見スポットです。ただ、普段から人気の観光スポットに地元の花見客が加わることから大混雑になるのが難点です。

金沢で一番の桜の名所・百間堀
百間堀は人通りも多くなく絶好の桜スポット

大手堀

金沢城の正門に当たる大手門が面する大手堀は、金沢城のお堀の中で唯一埋め立てられなかったお堀で、藩政期の景観を残しています。

大手堀の桜並木は金沢でも有数の桜スポットでしたが、2年前に年老いた木を伐採し若い木に植え替えたことから、以前のような美しい桜並木となるまでにはもう少し時間がかかりそうです。

大手堀

行程はオーダーメイドです
金沢旅行での観光ガイドを承ります

金沢は都市型テーマパーク!

トップページの観光メニューへ

いもり堀は兼六園コートの跡地

金沢城の隠れた桜スポットがいもり堀です。金沢市民には子供の頃から見てきた景観なのですが、現代の観光ルートから少し外れていることから人通りもまばらで、ゆっくりと桜を楽しむことができます。

ちなみに、いもり堀の位置には、かつて兼六園コートというテニスコートがありました。第2回国民体育大会のテニス会場になったコートで、クレーコートが12面ありました。

いもり堀はテニスコートの跡地

薪の丸

観光客だけではなく、地元の人たちにもあまり知られていない眺望スポットが「薪の丸 (たきぎのまる)」です。藩政期には金沢城の資材置き場だったエリアで、金沢城の中で唯一石垣を上ることができます。

お城マニアの方には、ぜひお薦めしたいスポットです。

地元でも知られていない薪の丸

観光で訪れる方は茶店通りへ

観光で訪れる方は、兼六園の茶店通りから百間堀越しに石川門を眺めるのが良いでしょう。松の木の向こうにお花見のぼんぼりがあり、桜並木の向こうに石川門がそびえています。そこに青空が加わると最高の景観です。

兼六園からは、蓮池門口 (れんちもんぐち)という料金所から出てください。ちなみに、蓮池門口が兼六園の正門に当たります。

兼六園の茶店通りから臨む石川門と百間堀

金沢城公園の関連ページ

金沢城公園の見どころ

金沢城公園への行き方


金沢城公園の周辺スポット

金沢城公園から他の観光名所へ

主要な観光名所は8つ+金沢駅

ご旅行前に知りたい情報は?

金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は800円です。路線バスの210円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

金沢観光の-MENU-になります

このサイトのトップページへ

時間を買う感覚でご活用を
金沢旅行での観光ガイドを承ります

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

金沢観光ガイド 南 武志

観光客の方が「ひがし茶屋街」の最寄りのバス停に並ばれているのを見て、兼六園も近江町市場も歩いて10分なのに…と思ったことが、このサイトをはじめたキッカケでした。 金沢の街は歩いて回れます。自分だけの観光プランで城下町・金沢を満喫してください。

-金沢城公園-topics-