兼六園-topics-

兼六園で噴水の勢いが急減。カラ梅雨の影響かも

2022年6月28日

2022.7.4追記

6月28日に兼六園の噴水の高さが急減していることを異常事態のように記しましたが、7月2日の時点で元の高さに戻っていました。兼六園の水源となっている辰巳用水で水量の調整が行われていたのかもしれません。

勢いが戻った兼六園の噴水

2022.6.28掲載記事

日本三名園のひとつ兼六園で異常事態かもしれない現象が起こっています。それは、庭園美を彩る貴重なアクセントとなっている噴水の勢いが落ちていることです。もしかすると、カラ梅雨の影響を受けているのかもしれません。

兼六園の傾斜地に作られた噴水は、すぐ上にある霞ヶ池が水源となって、地下に石管を通して、高低差による自然の水圧によって水を噴き出しています。逆サイフォンと呼ばれる原理で、吹き上げられる水の高さは3.5m前後にもなります。

この噴水は日本最古の噴水だと言われています。かつてはもっと古い噴水があったらしいのですが、その噴水が現在はなくなっていることから、現存する日本最古の噴水と表現するのが正確なようです。

本来は勢いよく噴き出し水音を響かせる噴水

冬よりも夏場の方が水位が低い

兼六園の噴水は電動式ではなく自然の力で動いていることから、24時間休むことなく水を噴き出しています。ただ、水源となっている霞ヶ池(かすみがいけ)の水位によって噴き出す水の高さが微妙に違い、夏場の方が若干低くなるそうです。

なるそうです、という表現を使うのは、見た目には冬場よりも水位が低くなったことが分からないほど差だからです。それが、私が見た6月27日(月)の時点では、明らかに低くなっていました。

噴き出す水の周囲には、落下する水音が響くように石が敷かれています。いつもは遠くからでも石を打つ水音が聞こえるのですが、昨日は、噴水の勢いがなく周りにある石に水が届かないことで水音が聞かれませんでした。

水の周りの石にあたることなく落下する水

金沢旅行での観光ガイドを承ります

噴水の勢い急減の理由は霞ヶ池

勢いのなくなった噴水を見て私が瞬間的に思ったのは、地面に埋め込んである石管が詰まったか、石管が壊れてしまったのかなということでした。また、石管の掃除のために意図的に推移を下げているのかなとも思いました。

噴水から、常磐ヶ岡と呼ばれる古びた趣きを漂わせる傾斜地を上って霞ヶ池に出ると、霞ヶ池の水位が明らかに下がっているのが分かりました。池の中の蓬莱島(ほうらいじま)と呼ばれる浮島の下にある石が剥き出しになっていました。

蓬莱島の下から石が顔をのぞかせています
苔の下から岩肌が見えています

噴水への取水口に水が入らないのかも

蓬莱島以外にも、霞ヶ池を一回りすると、明らかに推移が下がっている地点がたくさん見られました。兼六園のシンボル・ことじ灯籠の足に水位が下がった痕跡が見られた他、普段は水の下にあるはずの沿岸の石が乾いている様子も見て取れました。

霞ヶ池の水位が著しく下がったことで、噴水への取水口に水が入らなくなったのかもしれませんね。

水位が下がったと言っても、今の時点では、それによって池の景観が損なわれているわけではありませんし、はじめて兼六園を訪れる方は、水位に意識が行くことはおそらくないと思います。とは言っても、地元の人間としてはとても気になるところです。

ことじ灯籠の足元も白く乾いています
水位が高い時のことじ灯籠

金沢観光の-MENU-になります

よろしければトップページへ

金沢旅行での観光ガイドを承ります

カキツバタの葉が枯れています

霞ヶ池の水は、犀川の上流から取水している辰巳用水が兼六園の手前で枝分かれして園内に入り、曲水と呼ばれる小川を通って霞ヶ池へと流れ込みます。

ということで、霞ヶ池の水源である曲水も見てみました。私は曲水の水量を毎日チェックしているわけではないものの、私の感覚では、流れている水の量が減っているようには見えませんでした。ただ、ひとつ気にかかることがありました。

それは曲水の沿岸のカキツバタが枯れていたことです。カキツバタはお花見の頃から葉が伸び始め、5月下旬に紫の花を咲かせます。6月下旬の今頃は、花が散って葉っぱだけが伸びていく時期です。そして、夏が終わるとカキツバタの葉も枯れます。

曲水のカキツバタがもう枯れています

今年のカキツバタはちょっとおかしい

例年ですと、まだまだ緑を保っているカキツバタの葉が6月下旬に枯れ始めるのは、異常気象で水が少なくなっていることが要因かもしれませんね。しかし、私は今年のカキツバタはちょっとおかしいとも感じています。

私は金沢を訪れる方のガイドをすることがありますので、月に何回かは兼六園を訪れるのですが、今年はカキツバタが咲く時期が2週間ほど遅れました。例年は5月下旬に満開となるのに、今年は6月上旬にやっと満開になりました。

今年の冬は気温が低かったことから開花が遅れたのかもしれませんが、別の要因があるように感じます。コロナ禍によって、兼六園は2年連続でカキツバタの季節は臨時休園でした。そのため、人員不足などで満足な手入れができなかったのかもしれませんね。

もし、コロナ禍によって兼六園の植物に影響が出ているのでしたら気がかりです。

2年前の8月のカキツバタはまだまだ青く

兼六園コーナーTOP

兼六園の見どころ

兼六園への行き方

兼六園の周辺スポット
金沢城公園 | 金沢21世紀美術館 | 石浦神社 | 石川県立美術館 | 赤レンガミュージアム | 金沢神社 | 生活工芸ミュージアム | 西田家庭園玉泉園


兼六園から他の観光名所へ
金沢城公園へ | 金沢21世紀美術館へ | 長町武家屋敷跡へ | ひがし茶屋街(主計町)へ | 近江町市場へ | にし茶屋街へ

主要な観光名所は8つ+金沢駅
金沢駅 | 兼六園 | 金沢城公園 | ひがし茶屋街 | にし茶屋街 | 主計町茶屋街 | 長町武家屋敷跡 | 金沢21世紀美術館 | 近江町市場

兼六園が3分でわかる画像集

兼六園-topics-

Kanazawa Topics
金沢駅-topics- | 兼六園-topics- | 金沢城公園-topics- | ひがし茶屋街-topics- | にし茶屋街-topics- | 主計町茶屋街-topics- | 長町武家屋敷跡-topics- | 金沢21世紀美術館-topics- | 近江町市場-topics- | 美術館・記念館-topics- | 神社仏閣-topics- | 旧家庭園-topics- | お散歩コース-topics- | 繁華街-topics- | 郊外-topics- | テレビ番組のロケ地-topics- | 街の話題-topics- | 金沢の現状への提言

カテゴリー別の掲載ページ一覧

観光名所 文化施設 アクセス お楽しみ ショップ

金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は600円です。路線バスの200円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

人気スポット+城下町の隠し味

金沢を観光してみたいかもHOME

金沢旅行での観光ガイドを承ります

-兼六園-topics-