from-kenrokuen5

to Higashi-Chayagai*3
(from Kenrokuen)

兼六園とひがし茶屋街との位置関係

 

兼六園の桂坂口がひがし茶屋街への出発点

金沢を代表する観光名所である兼六園とひがし茶屋街は歩いて移動できる距離です。特に兼六園からひがし茶屋街へ向かう百万石通りは、浅野川大橋に向かって全体的に下り坂になっています。

また、浅野川大橋の手前には主計町茶屋街があります。

まず、兼六園は桂坂口から出てください。金沢城を左手に見ながら、紺屋坂を下った先の兼六園下交差点を渡って金沢地方裁判所前の百万石通りを行きます。

そして、道なりに右にカーブし、またすぐに左にカーブすると、あとは橋場交差点まで一直線です。

兼六園下交差点を写真の方向に進みます

裁判所前の通りを右に曲がり、すぐに左に曲がります

裁判所前の通りを右に曲がり、すぐに左に曲がります

途中には、金沢で最も老舗の和菓子屋さんである森八本店があり、2階にはカフェが併設されています。

森八の向かい側には、茶道の器の焼き物で有名な大樋焼の窯元があります。敷地内の大樋美術館には大樋長左衛門氏の作による名品が展示されている他、お茶室で裏千家の抹茶を味わうのもお奨めです。

また、大樋美術館の先には金沢で有数の高級料亭の金城楼があるなど、兼六園下から橋場までの道のりには金沢の老舗が点在しています。

兼六園下から浅野川大橋までは約800mです。不動産業界で使われている80m=1分で計算すると約10分の所要時間です。

坂道を下り切ったところにある橋場交差点を直進すると浅野川大橋

百万石通り。坂道を下り切ったところが橋場交差点

このページのトップ写真の浅野川大橋から、ひがし茶屋街のメインストリートへは3分ほどかかりますが、ひがし茶屋街への人の流れができていますので安心してください。

また、浅野川大橋の手前を左手に入ると主計町茶屋街です。橋の袂に「主計町料理料亭街」の看板があります。

橋場交差点を直進すると浅野川大橋です

見学前に見どころをチェック!!
ひがし茶屋街が3分でわかる画像集

白鳥路から裏通りを歩いて行くのもお薦めです

兼六園からひがし茶屋街への行き方では、素直に表通りの百万石通りを歩くと分かりやすいのですが、金沢の風情を感じたい方は裏通りを歩いて行くのもお奨めです。

兼六園下交差点にある金沢地方裁判所の裏手には、白鳥路と名付けられた緑の遊歩道があります。

白鳥路には20体の彫刻作品が並び上品な雰囲気を漂わせています。アートがお好きな方でしたら、著名なアーティストの作品に出会えるかもしれませんね。

白鳥路-金沢城に隣接する散歩道は屋外美術館

白鳥路

白鳥路

白鳥路には金沢の三文豪の像も展示されています。

兼六園に近い方から室生犀星、泉鏡花、徳田秋聲の順に並んでいますが、三人の中で、泉鏡花は主計町茶屋街に、徳田秋聲はひがし茶屋街にゆかりがあります。

白鳥路にある三文豪の像。左から室生犀星、泉鏡花、徳田秋聲

白鳥路にある三文豪の像。左から室生犀星、泉鏡花、徳田秋聲

白鳥路を抜けて、お堀通りを右手に下っていくと百万石通りに出ますが、百万石通りの一つ手前の路地を歩いて橋場交差点へと向かうルートもお奨めです。

近年、兼六園とひがし茶屋街を結ぶ道には、和服をレンタルしてお散歩する若い女性の姿が目に付くようになりました。和服姿で移動される際には、車の往来の多い百万石通りよりも、閑静な住宅街である裏通りを歩かれる方がお似合いです。

裏通りには旧い門構えの旧家がところどころに残っています。

その中には、茶道の裏千家の初代宗室である千仙叟宗室の邸地跡や、観光スポットのひとつとなっている寺島蔵人邸があります。

裏通りコースを利用すると、表通りの百万石通り沿いを行くよりも300mほど遠く、時間にして5分ほど余計にかかってしまいますが、その代わりに風情を感じることができることでしょう。

白鳥路から右手に行き、この路地を入ると寺島蔵人邸があります

白鳥路から右手に行き、この路地を入ると寺島蔵人邸があります

風情のある裏通りは百万石通りと並行しています

寺島蔵人邸では抹茶を味わいながら庭園鑑賞

寺島蔵人邸

バス移動の際は「兼六園下・金沢城」から

バスで兼六園からひがし茶屋街へ行かれる方は、石川県観光物産館の前にある「兼六園下・金沢城」のバス停の2番のりばから乗車して、ひとつ目の「橋場町」で降りてください。

ただ、ひがし茶屋街の最寄りのバス停の橋場町は、地元の人たちがあまり利用しないことからバスの本数が少ないのが難点です。時刻表をご覧になって、次のバスまで5分以上待ち時間があるようでしたら、歩いた方が早いかもしれません。

兼六園下・金沢城公園の2番のりば

なお、「兼六園下・金沢城」のバス停では、白鳥路前の5番のりばからも橋場町方面のバスが出ています。

「城下まち金沢周遊バス」という観光用のバスで、約15分間隔で運行しています。ただし、5番のりばには屋根がありませんので、雨天時にバスで移動したいという方は石川県観光物産館前の2番のりばを利用されるといいでしょう。

兼六園下・金沢城の5番のりば(白鳥路前)

金沢城公園の敷地の右側に見える細い水路が白鳥路です

金沢旅行までお時間のない方におススメ
ひがし茶屋街が3分でわかる画像集


<ひがし茶屋街をご案内します>

ひがし茶屋街は和服の女性が華になる街並み


兼六園~ひがし茶屋街の途中にある「お立ち寄り」スポット

 金沢城公園 | 寺島蔵人邸 | 金沢文芸館 | 金沢蓄音器館 | 泉鏡花記念館 | 主計町茶屋街

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間


ひがし茶屋街への行き方

金沢駅から | 近江町市場から | 兼六園から | 金沢城公園から | 金沢21世紀美術館から | 主計町茶屋街から 長町武家屋敷跡から


ひがし茶屋街から他の観光名所への行き方

主計町茶屋街へ | 金沢城公園へ | 兼六園へ | 金沢21世紀美術館へ | 近江町市場へ | 長町武家屋敷跡へ

※にし茶屋街へは近江町市場経由となります


KANAZAWA NEWS カテゴリー
ひがし茶屋街ニュース

金沢観光の楽しさは自分だけのプラン探し
金沢を観光してみたいかも
よろしければトップページへ


金沢を訪れた方からの思い出の投稿画像集

ひがし茶屋街は和服の女性が華になる街並み