金沢21世紀美術館-topics-

金沢21世紀美術館で香取慎吾さんの個展-2023年9月

2022年12月7日

2022年12月7日付の北國新聞に、香取慎吾さんが手掛けるアートの個展が金沢21世紀美術館で開催されるという記事が掲載されていました。

香取さんの個展は12月7日開幕の東京の渋谷ヒカリエを皮切りに全国5か所で開かれるもので、21美では2023年9月に開催予定です。巡回展のタイトルは『WHO AM I -SHINGO KATORI ART JAPAN TOUR-』で、6日に報道関係者向けの内覧会が開かれました。

心が楽しくなるアート作品

記事によると、香取さんは子供の頃から絵を描くのが好きだったとし「個展で全国を回れるなんて夢のような話」というコメントが掲載されていました。

また、21美を含む地方開催については「必ず(現地に)行きます。おいしいものもいただこう」と宣言し、さらに「時間があれば見に来てくれた皆さんに挨拶したい」と交流に期待を込めていたとのことです。

展示するのは新作を含むアート作品約200点で、これまで外に見せてこなかった自分の内面も思い切ってさらけ出したそうで、「香取慎吾を知っていても僕の絵を見たことがない人は多いので、ぜひ絵を通じて僕の中身を知ってもらいたい」と話していました。

金沢21世紀美術館

行程はオーダーメイドです
金沢旅行での観光ガイドを承ります

金沢で開催してくれることに感謝です

香取慎吾さんがプロ級の絵を描かれることは、ファンの方だけでなく一般にも知られていることですよね。

2018年9月にパリのカルーゼル・デュ・ルーヴル・シャルル5世ホールで『NAKAMA des ARTS』を、2019年3月に東京・豊洲のIHIステージアラウンド東京で「BOUM! BOUM! BOUM! 香取慎吾 NIPPON 初個展」を開催し、今回が国内で2度目の個展となります。

私は金沢を訪れる人の観光ガイドをすることがありますが、今年の夏に、21美にご案内した女性のお客様が「21世紀美術館で慎吾ちゃんの個展が開催されたらまた来ます」とおっしゃっていたのを思い出しました。

恒久展示作品『雲を測る男』

ツアーの概要

WHO AM I -SHINGO KATORI ART JAPAN TOUR-

東京会場=渋谷ヒカリエ (2022年12月7日~2023年1月22日)
大阪会場=グランフロント大阪 (2023年4月~)
福岡会場=福岡市美術館 (2023年7月~)
石川会場=金沢21世紀美術館 (2023年9月~)
福島会場=とうほう・みんなの文化センター (2024年3月~)

※WHO AM I 公式ホームページより

金沢を選んでくれて感謝です

香取慎吾さんのツアーは全国5か所で開催されます。全国で5か所だけとなりますと、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡となることが多いと思います。福島の方も同じだと思いますが、私も金沢を選んでくれたことを感謝しています。

現代アートとは、作品を見て無言で頷きながら「分かる・分からない」で評価されるものではありません。現代アートでは「面白いか、面白くないか」が評価基準だと私は考えています。だからこそ、子供たちの感性が磨かれるのです。

北國新聞の記事を読んで、私も、遅まきながらインターネットで香取慎吾さんの作品を拝見しました。とても面白いと思いました。もしかすると、事前の設計図はなく、その時の感覚で塗り広げていったのかな、とも思いました。

そして、絵の具を塗り広げていった時の感覚を想像したくなりました。来年の9月の個展が楽しみです。

恒久展示作品『市民ギャラリー』

こちらは金沢観光サイトです

よろしければトップページへ

時間を買う感覚でご活用を
金沢旅行での観光ガイドを承ります

21美では6人目の著名人の個展

現代アートのミュージアムとして開館した金沢21世紀美術館では、著名人の個展を定期的に開催しています。北陸新幹線の開業以降では香取慎吾さんが6人目となります。

新幹線開業以降の著名人の展覧会

2016年 北野武さん「アートたけし展」
2017年 片岡鶴太郎さん「片岡鶴太郎 四季彩花」
2018年 木梨憲武さん「木梨憲武展」
2020年 龍玄としさんの「龍玄とし EXHIBITION 運命 音の世界を、描く」
2022年 藤井フミヤさん「藤井フミヤ展-デジタルとアナログで創造する多様な想像新世界」

恒久展示作品『緑の橋』

これをご縁に21美の館長に

最後に。私の独り言を。

私は、21美の館長として相応しい人材は、他の美術館の館長を務めた人ではなく、遊園地や水族館の園長・館長を務めた人ではないかと思っています。また、エンタメ業界で実績のある方も21美の館長候補になり得るでしょう。

レジャーやエンタメ業界出身の人が館長になるからと言って、21美がレジャー施設になるわけではありません。特別展を企画するキュレーターの方たちは、これまで通り、自らの感性で作品を選び特別展を開催すればいいわけです。

ネットのクチコミを見ると、21美は係員の評判が驚くほど悪いですよね。私も21美の係員の対応には何度も憤慨しています。21美の係員はお客様を敵と思っているかのようです。お客様は友達だと認識している方に館長になっていただきたいものです。

私は、今回の個展をきっかけとして、香取慎吾さんが21美の館長になってくれればいいな、と夢物語のようなことを考えています。

21美は現代アートの美術館

金沢21世紀美術館の関連ページ

金沢21世紀美術館の見どころ

金沢21世紀美術館への行き方

金沢21世紀美術館の周辺スポット

金沢能楽美術館 | 石浦神社 | 兼六園 | しいのき迎賓館 | 金沢城公園 | 中村記念美術館 | 鈴木大拙館 | 柿木畠

※クリック or タップでそれぞれのページへ


金沢21世紀美術館から他の観光名所へ

兼六園へ | 金沢城公園へ長町武家屋敷跡へ | ひがし茶屋街(主計町)へ | 近江町市場へ | にし茶屋街へ

主要な観光名所は8つ+金沢駅

金沢駅 | 兼六園 | 金沢城公園 | ひがし茶屋街 | にし茶屋街 | 主計町茶屋街 | 長町武家屋敷跡 | 金沢21世紀美術館 | 近江町市場

※クリック or タップでそれぞれのページへ




ご旅行前に知りたい情報は?

観光名所 文化施設 アクセス 楽しみ方 ショップ

※クリック or タップでカテゴリー別の記事一覧へ

金沢がイメージできるページです

1

金沢で主要な観光名所は1日で回れます。なぜなら、人気スポットが東京ディズニーランドと同じくらいのエリアに集っているからです。とりあえず見た!という感じでよろしければ、1日あれば充分です。

2

金沢では、1周約4.3kmの百万石通りが観光エリアです。金沢城公園~兼六園~21世紀美術館は隣接し、ひがし茶屋街と主計町は隣町です。近江町市場や長町武家屋敷跡へもご近所へ行くような感覚です。

3

バス移動では北陸鉄道バスの「1日フリー乗車券」をお買い求めください。料金は600円です。路線バスの200円区間と金沢周遊バスを購入日に何度でも利用できます。ほとんどの観光名所がカバーできます。

4

金沢駅は観光名所が集まる中心部から少し離れています。1泊の場合は駅チカの方が安心できるかと思いますが、2泊以上の場合は香林坊、片町、武蔵ヶ辻などの繁華街に宿泊する方が圧倒的に便利です。

このサイトのトップページへ

金沢観光の-MENU-になります

金沢旅行での観光ガイドを承ります

-金沢21世紀美術館-topics-