restaurant2

Omicho-Market*3
(Lunch Time)

ランチの場所に悩んだら、とりあえず近江町

旅先でちょっと悩んでしまうのがランチの場所です。

朝食は宿泊先で食べることができますし、夕食については出発前にインターネットで調べて予約を入れておく人も多いと思いますが、ランチの場所だけは当日の行程の中で決めるパターンが多いことから、「どこで食べようか」と悩んでしまうのです。

金沢観光においてランチの場所で困ることがありましたら、ランチタイムを目がけて、とりあえず近江町市場で探してみてはいかがでしょうか。

近江町市場には鮮魚や青果などのお店が並ぶ通りにお食事処が点在しています。近江町のお食事処の多くはお寿司屋さんですが、中には麺処や定食屋さんもあります。

新通りにあります

近江町市場の新通りにあります

東京のビジネス街では、12時から13時の混雑する時間帯を避けて11時半頃に来店する人もいれば、13時近くに来店して13時半頃までランチタイムを取る人が見られますよね。

近江町市場でも同じです。12時~13時のお昼時は観光客の人たちで混雑しています。その代わり12時前の時間帯は意外と空いています。金沢観光では、少し早めのランチを取って、夕方近くに小腹が空いてきたところで “和菓子休憩” を取られるのもいいでしょう。

近江町市場には海鮮のお店がいっぱいあります

近江町市場には海鮮のお店がいっぱい

近江町市場のお店ははっきり言って高いです

金沢の地元の人は、近江町市場の飲食店で食事をすることはほとんどありません。その理由は高いからです。

ビジネスパーソンの感覚ですとランチタイムの予算はせいぜい1,000円ですよね。奥様同士でちょっとリッチにランチをしましょうという時でも、2,000円くらいではないですか。

近江町市場ではランチのお寿司に2,000円台、3,000円台の値段が付いています。1,500円くらいの「海鮮丼」ですと“安いな”と錯覚してしまうほどです。

確かに“ネタ”は良いのでしょうし、海鮮丼ではお刺身が山盛りで出てきますので、金沢観光の話題には良いのかもしれません。

私は2,000円台、3,000円台の料金が付いているお店の呼び込みの人に、「こんなに高い値段でお客さんが入るのですか」と聞いたことがあります。その答えは「入りますよ」というものでした。

高い料金でもお客さんが入るのだから良いじゃないか、という言い分も分からないでもないですが、それでも私は高すぎると思います。市場の飲食店では食べ終わったらすぐに出なければいけない雰囲気がありますよね。それで3,000円は高いでしょう。

少しだけお腹が空いている人にはフルーツもお奨めです

また、観光客の方は市場の周辺にある低価格帯のお店を探すだけの時間的な余裕がありません。このことから「一度だけのことなら、試しに入ってみようか」と思ってしまうのですが、お客さんが本当に満足してくれているのかが心配です。

もちろん、近江町には低価格帯のお店もあります。1,000円以下で定食を提供するお店には長蛇の列ができています。近江町市場でランチを取ろうと考えている方は、12時前の早めの時間帯に訪れる方が良いでしょう。

上通りにあります

近江町市場の上通りにあります

ゆっくり派は2階の飲食店街、サクッ派は地下

21世紀に入って、金沢の2大繁華街のひとつである武蔵ヶ辻・近江町市場エリアでも再開発が進みました。そのひとつが2009年にオープンした「近江町いちば館」です。

近江町いちば館は、メインストリートの百万石通りに面する一角に建設された5階建ての建物で、黒っぽいシックな外観からは、このビルの下に “金沢市民の台所” と言われてきた市場があるとは思えないほどです。

この建物の2階と地下1階が飲食店街になっています。

まず、2階には海鮮料理のお店を中心に、蕎麦屋、中華料理店、フレンチレストランなどのお店が並んでいます。ゆっくりとランチを取りたい方は2階に上がるといいでしょう。

近江町いちば館の2階は飲食店街になっています

近江町いちば館の2階は飲食店街になっています

一方の地下1階には、カレーライスやラーメンといった “サクッ” と食べられるメニューのお店が出店しています。カレーがお好きな方は、ぜひ一度「金沢カレー」をお試しください。金沢ではカレーライスにキャベツが載ります。

近江町いちば館の地下1階にはサクッと食べられるお店が

近江町いちば館の地下1階にはサクッと食べられるお店が

地下1階には庶民的な価格帯のお弁当屋さんもあります。中心的な価格帯は、お弁当が390円、お寿司が500円で、お店の中にその場で食べられるようにイートイン用のテーブルが用意されています。お弁当専門のコンビニといった感じです。

また、地下1階はフードコートになっており飲食用のテーブルが用意されています。

お時間のない中で急いで昼食を取りたいという方には、近江町いちば館の地下1階がお薦めです。

近江町いちば館の地下1階では390円のお弁当が

近江町いちば館の地下1階では390円のお弁当が

近江町市場への行き方

近江町市場ホームページ(お店からのお知らせ



Omicho-Market
News

地図にも多くのお寿司屋さんが表示されています 

近江町市場はのどぐろも並ぶ食材の観光名所