from_higashi4

to Omicho-Market*4
(from Higashi-Chayagai)

ひがし茶屋街と近江町市場との位置関係

omicho-higashi

橋場交差点から百万石通りを一直線

金沢の主要な観光名所である近江町市場へは、ひがし茶屋街からも徒歩圏内です。

まず、ひがし茶屋街のメインストリートから浅野川大橋に出てください。浅野川大橋はひがし茶屋街の最寄りのバス停と隣接していますので、すぐに分かるかと思います。

浅野川大橋を渡ると橋場交差点です

浅野川大橋を渡ると橋場交差点です

浅野川大橋を渡ると橋場交差点のT字路があり百万石通りに入ります。百万石通りは金沢の観光名所をグルリと一回りしている金沢で随一の幹線道路で、橋場交差点からは兼六園と近江町市場の2方向に行くことができます。

ひがし茶屋街から橋場交差点まで来た方は、百万石通りを右手に上ってください。

橋場交差点のシンボル・金沢文芸館。写真の右手が近江町市場です

橋場交差点のシンボル・金沢文芸館。写真の右手が近江町市場です

通りの先には、武蔵交差点のシンボルである「ANAホリデイ・イン金沢スカイ」の18階建ての白い建物が見えます。このホテルは1974年(昭和49年)の開業当時は、金沢初の高層ビルとして大人気を博した建物です。

百万石通り。写真にあるANAホリデイ・インの白い建物が目印です

百万石通り。写真にあるANAホリデイ・インの白い建物が目印です

橋場交差点から武蔵交差点までの間には3つの信号があります。尾張町の信号、博労町の信号と過ぎて、3つ目の近江町の信号を過ぎたところで近江町市場が突然顔を出します。

ひがし茶屋街から最も近い近江町市場の入口は、トップの写真にある「市姫神社口」です。

市姫神社口は武蔵交差点まで少し距離があるかなと思えるところに位置しており、手前のビルに隠れていることから、「えっ、近江町市場はここでいいの?」という感じで一瞬戸惑われるかもしれませんね。

入口には赤いロゴマークで「近江町」と記されており、入口の先には市場の風景が見えますので通り過ぎることはないかと思います。

なお、ひがし茶屋街から近江町市場の市姫神社口までは、距離にして約1.0km、所要時間にすると12~13分ほどです。

ミュージアムに立ち寄るのもお奨めです

橋場交差点から近江町市場までの間に位置する尾張町は、初代加賀藩主の前田利家の故郷である尾張から商人が移り住んでできた街で、藩政期から明治時代にかけて建設された伝統的建造物が多く残っているエリアです。

旧尾張町大通り(百万石通り)に面する時代を感じさせる木造建築の商家や、レトロな雰囲気を醸し出している洋風建築では、代々受け継がれてきた商いが今日も営まれています。

また、大通りから路地に入ると、旧い町家の外観をそのまま残して、内部を飲食店やギャラリーに改装している建物が見られます。旧い建物を目にされた時は「ここは何のお店なのかな?」という感じで、ガラス越しに中を覗いてみるのも尾張町の楽しみのひとつです。

さて、橋場交差点の付近にはいくつかのミュージアムが集まっています。

まず、交差点に面するアンティークな白い洋風建築の建物が金沢文芸館です。「五木寛之文庫」と銘打たれた展示コーナーがありますので、ファンの方はぜひ立ち寄ってみてください。

金沢文芸館の斜め向かいには柳宗理記念デザイン研究所があり、1階のエントランスから泉鏡花記念館へ通り抜けできるようになっています。また、柳宗理研究所の隣には独創的な外観の金沢蓄音器館があります。

金沢は地方都市にしては美術館や記念館などのミュージアムが多い街だと思います。

橋場交差点からの坂道を上り切ったところにある金沢蓄音器館

橋場交差点からの坂道を上り切ったところにある金沢蓄音器館

主計町茶屋街を経由して近江町市場へ

ひがし茶屋街から近江町市場へ歩かれる際には、ひがし茶屋街の隣町でもある主計町茶屋街を経由して近江町へ行かれるのもお奨めです。

主計町を経由される場合は、浅野川大橋の右側を歩くといいでしょう。風情のある橋の袂には桜並木の陰に隠れるように茶屋建築の建物が立ち並んでいます。

主計町茶屋街を経由するルートはお薦めです

主計町茶屋街を経由するルートはお薦めです

昼間の主計町はひっそりとしています。ひがし茶屋街に見られるような工芸品店や加賀友禅のお店もありません。

明るい時間帯にはカフェが何軒か営業していますが、基本的には東京の六本木と同じように夕方から起きはじめる街です。

主計町茶屋街からは暗がり坂を上って百万石通りへと出ます

主計町茶屋街からは暗がり坂を上って百万石通りへと出ます

主計町の裏の路地から暗がり坂を上り、久保市乙剣宮の境内を抜けるとすぐ左手に泉鏡花記念館があり、新町・鏡花通りという閑静な通りが百万石通りと並行して延びています。

しばらくは車のエンジン音から逃れて歩かれるのもいいでしょう。

百万石通りと並行する新町・鏡花通りに泉鏡花記念館があります

百万石通りと並行する新町・鏡花通りに泉鏡花記念館があります

ひがし茶屋街から近江町市場へは信号待ちの時間が長いことだけが難点です


ひがし茶屋街~近江町市場の途中にある「お立ち寄り」スポット

主計町茶屋街 | 泉鏡花記念館金沢蓄音器館 | 金沢文芸館 | 尾張町

観光名所から観光名所への距離と徒歩時間


近江町市場から他の観光名所への行き方

金沢城公園へ | 兼六園へ | 金沢21世紀美術館へ | 主計町茶屋街へ | ひがし茶屋街へ | 長町武家屋敷跡へ | にし茶屋街へ


Omicho-Market
News

近江町市場はのどぐろも並ぶ食材の観光名所